手塚治虫をLGBTや心理学の視点から読む、Eテレ番組に園子温、斎藤環ら

『100分 de 名著スペシャル「100分 de 手塚治虫」』が、11月12日にNHK Eテレで放送される。

「名著」と呼ばれる作品を25分間の番組で4回にわたって紐解く『100分 de 名著』。特別版となる今回は、今年でデビュー70周年を迎える手塚治虫をテーマに据える。

番組には女装家でエッセイストのブルボンヌ、映画監督の園子温、精神科医の斎藤環、相愛大学教授の釈徹宗が登場。ブルボンヌはセクシャルマイノリティーの立場から『リボンの騎士』をLGBT問題や性の本質にいち早く迫った作品として読み解いていくほか、園は『鉄腕アトム』の描線の魅力に迫る。

また斎藤は『奇子』『きりひと讃歌』といった作品を通して、手塚のストーリーテリング術が生まれた背景を心理学的に分析。釈は人間の宗教性の根源を描いた作品として『火の鳥』を取り上げ、宗教学の立場から考察する。

なおNHK-FMでは11月3日に『手塚治虫 自身が語ったルーツと音楽』を放送。NHKに残っている手塚の出演番組から手塚の肉声を紹介するほか、コムアイ(水曜日のカンパネラ)、手塚るみ子、細野晴臣らがゲスト出演する。

番組情報

『100分 de 名著スペシャル「100分 de 手塚治虫」』

2016年11月12日(土)23:00~24:40にNHK Eテレで放送
出演: ブルボンヌ 園子温 斎藤環 釈徹宗 司会: 伊集院光 礒野佑子
番組情報

『手塚治虫 自身が語ったルーツと音楽』

2016年11月3日(木・祝)21:00~22:45、23:00~24:00にNHK-FMで放送
MC: 濱田高志 菊池亜希子 ゲスト: コムアイ(水曜日のカンパネラ) 手塚るみ子 難波弘之 二階堂黎人 樋口康雄 細野晴臣 ライブ: 千住真理子 山洞智
  • HOME
  • Book
  • 手塚治虫をLGBTや心理学の視点から読む、Eテレ番組に園子温、斎藤環ら

Special Feature

coe──未来世代のちいさな声から兆しをつくる

ダイバーシティーやインクルージョンという言葉が浸透し、SDGsなど社会課題の解決を目指す取り組みが進む。しかし、個人のちいさな声はどうしても取りこぼされてしまいがちだ。いまこの瞬間も、たくさんの子どもや若者たちが真剣な悩みやコンプレックス、生きづらさを抱えながら、毎日を生きている。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて