ジャン=リュック・ゴダールの特集上映に60年代の4作、初日はJLG生誕日

『ジャン=リュック・ゴダール特集』が、12月3日から東京・ユジク阿佐ヶ谷で開催される。

会期初日の12月3日に86歳の誕生日を迎えるフランスの映画作家ジャン=リュック・ゴダール。同企画では1960年代に公開されたゴダール監督作品4本を上映する。

上映作品は、ヌーヴェルヴァーグを代表する作品の1つ『気狂いピエロ』、ゴダールの長編デビュー作『勝手にしやがれ』、ギ・ド・モーパッサンの小説を下敷きにした『男性・女性』、アンナ・カリーナが主演する『女と男のいる舗道』。

料金は作品ごとに異なるほか、3作品を3,000円で鑑賞できる当日券も用意される。詳細はユジク阿佐ヶ谷のオフィシャルサイトをチェックしよう。

イベント情報

『ジャン=リュック・ゴダール特集』

2016年12月3日(土)~12月9日(金) 会場:東京都 ユジク阿佐ヶ谷
上映作品: 『気狂いピエロ』(監督:ジャン=リュック・ゴダール) 『勝手にしやがれ』(監督:ジャン=リュック・ゴダール) 『男性・女性』(監督:ジャン=リュック・ゴダール) 『女と男のいる舗道』(監督:ジャン=リュック・ゴダール)
  • HOME
  • Movie,Drama
  • ジャン=リュック・ゴダールの特集上映に60年代の4作、初日はJLG生誕日

Special Feature

Habitable World──これからの「文化的な生活」

気候変動や環境破壊の進行によって、人間の暮らしや生態系が脅威に晒されているなか、これからの「文化的な生活」のあり方とはどういうものなのだろうか?
すでに行動している人々に学びながら、これからの暮らしを考える。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて