ニュース

安藤忠雄の大規模展が国立新美で来年開催、『光の教会』原寸大の再現も

『国立新美術館開館10周年 安藤忠雄展―挑戦―』が、9月27日から東京・六本木の国立新美術館で開催される。

同展では、半世紀近くにおよぶ安藤の仕事の軌跡を紹介。「原点=住宅」「抽象化された自然」「余白の空間」「風景の創造」「記憶の継承」の5つのテーマに沿って、スケッチやドローイング、建築模型、映像、写真などを展示。初期の代表作『住吉の長屋』から近年の海外住宅まで100以上の住宅作品が紹介されるほか、屋外ではインスタレーションとして大阪・茨木にある教会『光の教会』の空間が原寸大で再現される。

安藤忠雄『光の教会』1989年 大阪府 撮影:新建築社
安藤忠雄『光の教会』1989年 大阪府 撮影:新建築社
画像を拡大する(9枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

冠木佐和子『夏のゲロは冬の肴』

『アヌシー国際アニメーション映画祭』学生部門で審査員賞に輝いた『夏のゲロは冬の肴』。ビビッドな色使いと繰り返される嘔吐音が印象的な(けれどなぜか愛らしい)アニメはもちろん、受賞の際にステージで「I wanna fuck everyone.」とスピーチしたという90年生まれの監督・冠木佐和子にも注目。仲條正義の『忘れちゃってEASY 思い出してCRAZY』展を思い出させるタイトルも好み。(井戸沼)