ニュース

清澄白河が舞台、休館中の都現美によるアート企画『MOTサテライト』

『MOTサテライト 2017春 往来往来』展ビジュアル
『MOTサテライト 2017春 往来往来』展ビジュアル

アートプロジェクト『MOTサテライト 2017春 往来往来』が、2017年2月11日から東京・清澄白河エリアの各所で開催される。

『MOTサテライト』は、大規模な改修のため休館中の東京都現代美術館が近隣のアーティストや住民と関わりながらアートと社会の関わり方を多角的に提案する都市型アートプロジェクト。清澄白河エリアを生活の拠点としている作家や作品のモチーフにしてきた作家、初めて同地と向き合う作家がそれぞれの視点で清澄白河・深川エリアを描いた作品を発表する。

また詩人の吉増剛造が詩人のカニエ・ナハ、俳人の高柳克弘らと街を歩き、松尾芭蕉、小津安二郎といったゆかりの人物をたよりに土地の持つ多層的な時間を切り取る作品や、カニエとデザイナーの大原大次郎がカフェやアトリエ、ショップなどの軒先に詩を掲げる作品などが展示される。

参加作家には吉増、カニエ、高柳らによる吉増剛造プロジェクトや大原に加えて、飯山由貴+remo(NPO法人記録と表現とメディアのための組織)、クサナギシンペイ、ごはん同盟、佐野文彦、花代、ひがしちか(Coci la elle) 、松江泰治、mi-ri meter、毛利悠子が名を連ねている。さらにフェロープロジェクトとして、音に注目して活動するgift_と「AS」ことアンドレアス・シュナイダーが合同で行なうプロジェクトや、キュレーターの小澤慶介が主宰する学びの場アートトが参加する。

松江泰治『JP-13 26』2016年
松江泰治『JP-13 26』2016年
ひがしちか(Coci la elle)
ひがしちか(Coci la elle)
画像を拡大する(3枚)

記事の感想をお聞かせください

知らなかったテーマ、ゲストに対して、新たな発見や感動を得ることはできましたか?

得られなかった 得られた

回答を選択してください

ご協力ありがとうございました。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

あらかじめ決められた恋人たちへ“日々feat.アフロ”

何かを我慢することに慣れすぎて忘れてしまいそうになっている「感情」を、たった10分でこじ開けてしまう魔法のようなミュージックビデオ。現在地を確かめながらも、徐々に感情を回転させていくアフロの言葉とあら恋の音。人を傷つけるのではなく、慈しみ輝かせるためのエモーションが天井知らずの勢いで駆け上がっていった先に待ち構えている景色が、普段とは違ったものに見える。これが芸術の力だと言わんばかりに、潔く堂々と振り切っていて気持ちがいい。柴田剛監督のもと、タイコウクニヨシの写真と佐伯龍蔵の映像にも注目。(柏井)

  1. 寺山修司に憧れる父さん / 美術のトラちゃん 1

    寺山修司に憧れる父さん / 美術のトラちゃん

  2. オダギリジョー×永瀬正敏 日本のテレビドラマが抱える課題と未来 2

    オダギリジョー×永瀬正敏 日本のテレビドラマが抱える課題と未来

  3. 声優ユニット・イヤホンズが6年目の挑戦と原点回帰を語る 3

    声優ユニット・イヤホンズが6年目の挑戦と原点回帰を語る

  4. テクノポップが解放したもの 幻想の音に生きるコシミハルの半生 4

    テクノポップが解放したもの 幻想の音に生きるコシミハルの半生

  5. 記録映画『素晴らしき、きのこの世界』に窪塚洋介、豊田エリーらがコメント 5

    記録映画『素晴らしき、きのこの世界』に窪塚洋介、豊田エリーらがコメント

  6. 丹地陽子、約20年の画業の軌跡を辿る初画集『丹地陽子作品集』10月刊行 6

    丹地陽子、約20年の画業の軌跡を辿る初画集『丹地陽子作品集』10月刊行

  7. 小松菜奈が表紙の『装苑』11月号 森川葵、塩塚モエカ、伊藤万理華らも登場 7

    小松菜奈が表紙の『装苑』11月号 森川葵、塩塚モエカ、伊藤万理華らも登場

  8. 韻シストが認めてもらうまでの戦いとは?20年の軌跡を全員で語る 8

    韻シストが認めてもらうまでの戦いとは?20年の軌跡を全員で語る

  9. 『セックス・エデュケーション』S2、優しさに貫かれた学園コメディー 9

    『セックス・エデュケーション』S2、優しさに貫かれた学園コメディー

  10. 杉咲花と平野紗季子が遠野を訪問、成田凌が語りのEテレ『きみと食べたい』 10

    杉咲花と平野紗季子が遠野を訪問、成田凌が語りのEテレ『きみと食べたい』