清澄白河が舞台、休館中の都現美によるアート企画『MOTサテライト』

アートプロジェクト『MOTサテライト 2017春 往来往来』が、2017年2月11日から東京・清澄白河エリアの各所で開催される。

『MOTサテライト』は、大規模な改修のため休館中の東京都現代美術館が近隣のアーティストや住民と関わりながらアートと社会の関わり方を多角的に提案する都市型アートプロジェクト。清澄白河エリアを生活の拠点としている作家や作品のモチーフにしてきた作家、初めて同地と向き合う作家がそれぞれの視点で清澄白河・深川エリアを描いた作品を発表する。

また詩人の吉増剛造が詩人のカニエ・ナハ、俳人の高柳克弘らと街を歩き、松尾芭蕉、小津安二郎といったゆかりの人物をたよりに土地の持つ多層的な時間を切り取る作品や、カニエとデザイナーの大原大次郎がカフェやアトリエ、ショップなどの軒先に詩を掲げる作品などが展示される。

参加作家には吉増、カニエ、高柳らによる吉増剛造プロジェクトや大原に加えて、飯山由貴+remo(NPO法人記録と表現とメディアのための組織)、クサナギシンペイ、ごはん同盟、佐野文彦、花代、ひがしちか(Coci la elle) 、松江泰治、mi-ri meter、毛利悠子が名を連ねている。さらにフェロープロジェクトとして、音に注目して活動するgift_と「AS」ことアンドレアス・シュナイダーが合同で行なうプロジェクトや、キュレーターの小澤慶介が主宰する学びの場アートトが参加する。

イベント情報

『MOTサテライト 2017春 往来往来』

2017年2月11日(土・祝)~3月20日(月・祝) 会場:東京都 清澄白河エリア
参加作家: 飯山由貴+remo(NPO法人記録と表現とメディアのための組織) カニエ・ナハ+大原大次郎 クサナギシンペイ ごはん同盟 佐野文彦 花代 ひがしちか(Coci la elle) 松江泰治 mi-ri meter 毛利悠子 吉増剛造プロジェクト 料金:無料 ※会期中定休日あり
  • HOME
  • Art,Design
  • 清澄白河が舞台、休館中の都現美によるアート企画『MOTサテライト』

Special Feature

メタ・サピエンス──デジタルとリアルが溶け合う世界を探究する

デジタルとリアルが融合する世界。世界はどう変化し、人々はどう進化するのだろうか?私たちはその進化した存在を「メタ・サピエンス」と名づけ、「Humanity - 人類の進化」「Life - 生活・文化の進化」「Society - 社会基盤の進化」の3つの視点からメタ・サピエンスの行動原理を探究していく。

詳しくみる

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて