エルガー楽曲の謎がモチーフ、橋爪功×井上芳雄の2人芝居『謎の変奏曲』

舞台『謎の変奏曲』が9月から東京・三軒茶屋の世田谷パブリックシアターで上演される。

『エニグマ変奏曲』として1996年にフランス・パリで初演された『謎の変奏曲』。イギリスの作曲家エドワード・エルガーの変奏曲“エニグマ変奏曲”に隠されているという2つの「謎」をモチーフに、ノーベル賞作家ズノルコと新聞記者を名乗る男ラルセンが、謎に包まれた1人の女性を中心とした「心理ゲーム」を展開するというあらすじだ。

出演者は橋爪功と井上芳雄の2人。演出は森新太郎(モナカ興業)が手掛ける。なお同公演は東京公演を皮切りに大阪、新潟、福岡を巡回。東京公演のチケット一般販売は7月を予定している。詳細は『謎の変奏曲』のオフィシャルサイトを確認しよう。

イベント情報

『謎の変奏曲』

2017年9月 会場:東京都 三軒茶屋 世田谷パブリックシアター
演出:森新太郎 原作:エリック=エマニュエル・シュミット 翻訳:岩切正一郎 出演: 橋爪功 井上芳雄
  • HOME
  • Stage
  • エルガー楽曲の謎がモチーフ、橋爪功×井上芳雄の2人芝居『謎の変奏曲』

Special Feature

Habitable World──これからの「文化的な生活」

気候変動や環境破壊の進行によって、人間の暮らしや生態系が脅威に晒されているなか、これからの「文化的な生活」のあり方とはどういうものなのだろうか?
すでに行動している人々に学びながら、これからの暮らしを考える。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて