実写映画版『ねこあつめ』ヒロイン役は忽那汐里、黒猫の写真も公開

映画『ねこあつめの家』の追加キャストが発表された。

『ねこあつめの家』はスマートフォン向けゲームアプリをもとにした実写映画。のどかな土地に移住したスランプ中の小説家・佐久本勝と、猫たちの姿を描いた作品で、佐久本役を伊藤淳史が演じることがこれまでに明らかになっていた。

発表されたキャストは、ヒロインとなる編集者・ミチル役を演じる忽那汐里。撮影について忽那は、「こんなにたくさんの猫ちゃんとお仕事するのは初めてですが、現場に動物がいると本当に和やかな雰囲気になります」とコメントしている。

なお追加キャストの発表にあわせて、公開日が4月8日になることが判明。物語の鍵を握る黒猫役を演じる「りんご」の写真も公開された。監督は映画『世界の中心で、愛をさけぶ』『舞妓Haaaan!!!』などで助監督を務め、『RAILWAYS 愛を伝えられない大人たちへ』で長編監督デビューを果たした蔵方政俊が務める。

忽那汐里のコメント

こんなにたくさんの猫ちゃんとお仕事するのは初めてですが、現場に動物がいると本当に和やかな雰囲気になります。この作品の主人公である作家の佐久本の人生の中で、様々な決断や変化とともに、猫ちゃんの魅力にたっぷり癒されながら見てもらえたらなと思います。この映画は決して大きなできごとが起こるようなストーリーの作品ではありませんが、人の心にそっと寄り添う、そんなお話です。

作品情報

『ねこあつめの家』

2017年4月8日(土)から新宿武蔵野館ほか全国公開
監督:蔵方政俊 原作・原案:ねこあつめ(Hit-Point) 脚本:永森裕二 出演: 伊藤淳史 忽那汐里 ほか 配給:AMGエンタテインメント
  • HOME
  • Movie,Drama
  • 実写映画版『ねこあつめ』ヒロイン役は忽那汐里、黒猫の写真も公開

Special Feature

メタ・サピエンス──デジタルとリアルが溶け合う世界を探究する

デジタルとリアルが融合する世界。世界はどう変化し、人々はどう進化するのだろうか?私たちはその進化した存在を「メタ・サピエンス」と名づけ、「Humanity - 人類の進化」「Life - 生活・文化の進化」「Society - 社会基盤の進化」の3つの視点からメタ・サピエンスの行動原理を探究していく。

詳しくみる

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて