ニュース

家入一真、夢眠ねむ、菅俊一ら約30作家参加のウェブ連動展示『富士山展β』

『startbahn presents「富士山展β」』ビジュアル
『startbahn presents「富士山展β」』ビジュアル

『startbahn presents「富士山展β」』が、1月6日から東京・淡路町のAWAJI Cafe & Galleryで開催される。

「テクノロジーでアートの課題を解決する」ことをミッションに掲げるスタートバーン株式会社が主催する同イベント。同社が運営するアートに特化したSNS「startbahn」と連動した展覧会となり、「富士山」をテーマに多様な表現を紹介する。

同展には作品を出展する29人のクリエイターに加えて、「目利き役」として30人超のコレクターが参加。参加作家の出展作品は会期中にAWAJI Cafe & Galleryで展示されると同時にstartbahn上でオークションにかけられる。公式参加のコレクターは会場とウェブ上で出展作品を鑑賞および入札するという仕組みだ。入札は公式参加者でなくても全ての作品に対して行なうことが可能で、startbahn上では誰でも作品の投稿やレビューの記入、入札をすることができる。

公式の参加作家は愛☆まどんな、青柳菜摘、飯田竜太(Nerhol)、家入一真(株式会社CAMPFIRE)、榎本耕一、菅俊一、泰平、長谷川愛、水島精二、夢眠ねむ(でんぱ組.inc)、吉河順央、GraphersRock、hachi(BALMUNG)ら。また公式参加のコレクターには、岩渕貞哉(『美術手帖』編集長)、内沼晋太郎(numabooks、本屋B&B)、上妻世海、はむぞう、水野祐(シティライツ法律事務所)、山本純子(株式会社アーツ・マーケティング)、tomad(Maltine Records)、杉浦太一(株式会社CINRA)らが名を連ねている。

夢眠ねむ『夢土産 #1 - 富士山(下書き)』デジタル
夢眠ねむ『夢土産 #1 - 富士山(下書き)』デジタル
榎本耕一『富士山麓の戦士』oil on canvas, courtesy of TARO NASU
榎本耕一『富士山麓の戦士』oil on canvas, courtesy of TARO NASU
青柳菜摘『坂本富士(一部)』インクジェットプリント、アクリル絵具、PPシート
青柳菜摘『坂本富士(一部)』インクジェットプリント、アクリル絵具、PPシート
古賀良太『富士山 with ベクトル層流(一部)』iPad、STLデータ、透明樹脂、3Dプリント
古賀良太『富士山 with ベクトル層流(一部)』iPad、STLデータ、透明樹脂、3Dプリント
画像を拡大する(8枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

シャムキャッツ“Four O'clock Flower”

ただシャムキャッツの四人がフラットに存在して、音楽を鳴らしている。過剰な演出を排し、平熱の映像で、淡々とバンドの姿を切り取ったPVにとにかく痺れる。撮影は写真家の伊丹豪。友情や愛情のような「時が経っても色褪せない想い」を歌ったこの曲に、この映像というのはなんともニクい。(山元)