ニュース

芸術家支援やアーカイブを巡る国際シンポジウム、国内外の作家や研究者集う

『文化庁 新進芸術家海外研修制度発足50周年記念 国際シンポジウム「日本の現代美術を支える―未来へ、そしてレガシーへ」』が、1月13日に東京・六本木の国立新美術館、1月14日に慶應義塾大学の三田キャンパスで開催される。

同シンポジウムは、今年で創設50周年を迎える「文化庁新進芸術家海外研修制度」の成果発表の機会である『19th DOMANI・明日展』の会期中に2日間にわたって開催。若手芸術家の支援やアートアーカイブ形成の現状に知見を持つ国内外のアーティストやキュレーター、研究者たちが、作家の育成と評価の形成という、文化庁が展開する作家支援のあり方を検証し、今後の展開を議論する。

1日目はドイツ、イギリス、フランスでの研修、在住経験を持つ日本人作家と、各国で活動するキュレーターや行政官を招いた『ヨーロッパの若手美術家支援の現状』を開催。コーディネーターは太下義之(三菱UFJリサーチ&コンサルティング)が務め、スピーカーには宮永愛子、平川祐樹、関口涼子、ジョナサン・ワトキンス(アイコン・ギャラリー)、マルクス・ヴェルンハルト(ゲーテ・インスティトゥート・ヴィラ鴨川)、パスカル・ボース(フランス国立造形芸術センター)が名を連ねる。

2日目のプログラムは現代芸術のアーカイブをテーマにした『現代芸術アーカイヴの構築に向けて―保存・発信・活性化』。コーディネーターは渡部葉子(慶應義塾大学アート・センター)が務め、ファラ・ワルダニ(シンガポール・ナショナル・ギャラリー)、ジョー・メルヴィン(バリー・フラナガン・エステート、ロンドン芸術大学チェルシー・カレッジ・オブ・アート)による基調講演のあと、7本の日本の戦後美術のアーカイブを巡るケーススタディー発表がある。

参加方法やタイムテーブルなどの詳細はオフィシャルサイトで確認しよう。

『文化庁 新進芸術家海外研修制度発足50周年記念 国際シンポジウム「日本の現代美術を支える―未来へ、そしてレガシーへ」』チラシビジュアル
『文化庁 新進芸術家海外研修制度発足50周年記念 国際シンポジウム「日本の現代美術を支える―未来へ、そしてレガシーへ」』チラシビジュアル
画像を拡大する(1枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

カネコアヤノ“祝日”

カネコアヤノの来たる新作『祝祭』より、屈指の名曲“祝日”のPV。ディレクションを務めた木村和平は真の鬼才だと思う。<できないことも頑張って/やってみようと思ってる>と歌われる、まっすぐで繊細な楽曲にこの映像をあてるか! と、鋭利な感性が描きとった画にまたも唸らされる。(山元)

  1. 乃木坂『セーラームーン』セーラー5戦士の写真公開 白石麻衣が映像出演 1

    乃木坂『セーラームーン』セーラー5戦士の写真公開 白石麻衣が映像出演

  2. 安室奈美恵×H&M 全アイテム着用ビジュアル&撮り下ろしポートレート公開 2

    安室奈美恵×H&M 全アイテム着用ビジュアル&撮り下ろしポートレート公開

  3. 実写映画『がっこうぐらし!』キャストに阿部菜々実、長月翠ら4人 3

    実写映画『がっこうぐらし!』キャストに阿部菜々実、長月翠ら4人

  4. 最上もがヌード展を語る。アートかエロか?議論自体がナンセンス 4

    最上もがヌード展を語る。アートかエロか?議論自体がナンセンス

  5. 是枝裕和『万引き家族』予告編 リリー、安藤サクラらの「許されない絆」 5

    是枝裕和『万引き家族』予告編 リリー、安藤サクラらの「許されない絆」

  6. 映画『パンク侍、斬られて候』特報公開 綾野剛の殺陣や北川景子のダンスも 6

    映画『パンク侍、斬られて候』特報公開 綾野剛の殺陣や北川景子のダンスも

  7. ヒグチユウコ、ヨシタケシンスケら5作家の原画約200点 『MOE』40周年展 7

    ヒグチユウコ、ヨシタケシンスケら5作家の原画約200点 『MOE』40周年展

  8. 木皿泉の5年ぶり新作小説本『さざなみのよる』刊行 装画は荒井良二 8

    木皿泉の5年ぶり新作小説本『さざなみのよる』刊行 装画は荒井良二

  9. 宇多田ヒカル新曲“初恋”5月配信 『花男』新章『花のち晴れ』イメージ曲 9

    宇多田ヒカル新曲“初恋”5月配信 『花男』新章『花のち晴れ』イメージ曲

  10. 国府達矢の苦闘の歴史。空白の15年を埋めるべく七尾旅人と語る 10

    国府達矢の苦闘の歴史。空白の15年を埋めるべく七尾旅人と語る