ニュース

精神病院で創作したアドルフ・ヴェルフリの回顧展『二萬五千頁の王国』

展覧会『アドルフ・ヴェルフリ 二萬五千頁の王国』が、1月11日から兵庫・神戸の兵庫県立美術館で開催される。

アウトサイダーアートの作家として知られるアドルフ・ヴェルフリ。1864年にスイス・ベルンに生まれ、1895年に統合失調症の診断を受けたのち、生涯を精神病院で過ごした。病院内で絵画や叙事詩の制作を自主的に開始し、1930年の逝去までに全45冊2万5千ページに及ぶ作品を遺している。

同展では、物語性を持った連作『葬送行進曲』『揺りかごから墓場まで』『地理と代数の書』『歌と舞曲の書』から抜粋した作品を展示。また新聞用紙に鉛筆で描かれた初期の作品や、ヴェルフリが病院内でクレヨンやタバコなどと交換していたドローイング作品などもあわせた74点が出品される。

期間中には講演会も実施。1月21日に精神科医の斎藤環、1月28日に同展監修者の服部正(甲南大学)がそれぞれ登壇する。また学芸員によるギャラリートークや「おやこ解説会」も行なわれる。詳細は兵庫県立美術館のオフィシャルサイトを確認しよう。

なお同展は会期終了後、3月7日から愛知・名古屋市美術館、4月29日から東京・東京ステーションギャラリーで開催される。

『アドルフ・ヴェルフリ 二萬五千頁の王国』チラシビジュアル
『アドルフ・ヴェルフリ 二萬五千頁の王国』チラシビジュアル
『聖アドルフ=王座=アルニカ』1917年 ベルン美術館 アドルフ・ヴェルフリ財団蔵  ©Adolf Wölfli Foundation, Museum of Fine Arts Bern
『聖アドルフ=王座=アルニカ』1917年 ベルン美術館 アドルフ・ヴェルフリ財団蔵 ©Adolf Wölfli Foundation, Museum of Fine Arts Bern
自室のアドルフ・ヴェルフリ 1920年 ©Adolf Wölfli Foundation, Museum of Fine Arts Bern
自室のアドルフ・ヴェルフリ 1920年 ©Adolf Wölfli Foundation, Museum of Fine Arts Bern
画像を拡大する(8枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

『角舘健悟 × 青葉市子 Live at Waseda Scotthall』

2020年、全4回にわたって行われてきた対談連載企画『角舘健悟の未知との遭遇』。青葉市子と遭遇し、教会に迷い込んだ2人の秘密のセッションの様子が公開された。本連載の趣旨でもあり、2人を繋いだYogee New Wavesの”Summer of Love”と、青葉市子の”みなしごの雨”を披露。クリスマスの夜にどうぞ。(川浦)

  1. KID FRESINOが示す良好なバランス。多層的な創作者としての姿勢 1

    KID FRESINOが示す良好なバランス。多層的な創作者としての姿勢

  2. 木村拓哉がスーツ姿で仲野太賀、塚地武雅と共演 マクドナルド新CM 2

    木村拓哉がスーツ姿で仲野太賀、塚地武雅と共演 マクドナルド新CM

  3. Gotchが歌う「生の肯定」 現代社会のほころびを見つめ直して語る 3

    Gotchが歌う「生の肯定」 現代社会のほころびを見つめ直して語る

  4. 山田孝之主演のNetflix『全裸監督』シーズン2 新ヒロインに恒松祐里 4

    山田孝之主演のNetflix『全裸監督』シーズン2 新ヒロインに恒松祐里

  5. 綾野剛が白昼の商店街を疾走、映画『ヤクザと家族 The Family』本編映像 5

    綾野剛が白昼の商店街を疾走、映画『ヤクザと家族 The Family』本編映像

  6. キンプリ平野紫耀と杉咲花がウサギになりきってぴょんぴょんするHulu新CM 6

    キンプリ平野紫耀と杉咲花がウサギになりきってぴょんぴょんするHulu新CM

  7. 『鬼滅の刃』煉獄杏寿郎の日輪刀を再現 「うまい!」などセリフ音声収録 7

    『鬼滅の刃』煉獄杏寿郎の日輪刀を再現 「うまい!」などセリフ音声収録

  8. 吉高由里子、知念侑李、神宮寺勇太が「アレグラFX」新広告キャラクターに 8

    吉高由里子、知念侑李、神宮寺勇太が「アレグラFX」新広告キャラクターに

  9. 緊急事態宣言下における「ライブイベント公演の開催」に関する共同声明発表 9

    緊急事態宣言下における「ライブイベント公演の開催」に関する共同声明発表

  10. ermhoiの「声」を輝かせている生い立ち、思想、知識、機材を取材 10

    ermhoiの「声」を輝かせている生い立ち、思想、知識、機材を取材