のんが奈良美智に絵画制作を学ぶ、『美術手帖』アウトサイダーアート特集

アウトサイダーアートの特集記事が、本日1月17日発売の『美術手帖』2月号に掲載されている。

同特集はアウトサイダーアートを「『描かずには生きられない』という、強い衝動から生まれた表現」と捉え、アウトサイダーアートを通して様々な創作の原点を探ろうという試み。巻頭には表紙も飾る女優・のんが登場し、「創作あーちすと」としての活動も始めた彼女が、奈良美智のアドバイスを受けながら大型の絵画を描くことに初挑戦。またのんと奈良が描くことの原点について語り合う。

さらに福住廉、櫛野展正、松岡剛、嘉納礼奈、ジェルマン・ヴィアットの5人のキュレーターが、専門的な美術教育を受けていない高齢者や死刑囚の作品、古代の洞窟絵画など様々な表現を紹介。会田誠や高嶺格、大山エンリコイサム、卯城竜太(Chim↑Pom)、日比野克彦をはじめとするアーティストたちが自分にとっての「アウトサイダーアート」をセレクトする記事も掲載されている。

また第2特集では、のんが主演声優を務めたアニメーション映画『この世界の片隅に』を取り上げる。精神科医の斎藤環と片渕須直監督の対談が収められるほか、斎藤が同作を分析した論考も紹介している。

書籍情報
  • HOME
  • Book
  • のんが奈良美智に絵画制作を学ぶ、『美術手帖』アウトサイダーアート特集

Special Feature

Habitable World──これからの「文化的な生活」

気候変動や環境破壊の進行によって、人間の暮らしや生態系が脅威に晒されているなか、これからの「文化的な生活」のあり方とはどういうものなのだろうか?
すでに行動している人々に学びながら、これからの暮らしを考える。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて