実写版『ねこあつめ』ポスター公開、小説家・伊藤淳史を設置&猫まみれ

映画『ねこあつめの家』のポスタービジュアルが公開。あわせて追加キャストによるコメントが発表された。

公開されたポスタービジュアルは「キャット版」「キャスト版」の2種類。「キャット版」は主人公の小説家・佐久本役を演じる伊藤淳史の周りに猫が集まっている様子を しており、「キャスト版」では伊藤に加え、ヒロインの編集者・ミチル役を演じる忽那汐里、風変わりな不動産屋役の大久保佳代子、ミチルの先輩編集者・浅草役の田口トモロヲ、ペットショップ店主・洋子役の木村多江の姿が確認できる。

あわせて発表された出演者コメントでは、田口が「常々、猫達の自由な気儘さを羨望の眼差しで見ていた僕にとって、癒しの作品になりました」と作品の雰囲気に言及。木村は「猫の愛しさに目が奪われる映画。お楽しみに」と同作の魅力を述べているほか、大久保は「なんか、異次元の世界でお芝居しているようで、楽しかったし、やっぱりネコは可愛いかった」と撮影時を振り返っている。

田口トモロヲのコメント

蔵方政俊監督とは昔、助監督時代に鬼才神代辰巳監督の遺作となったTVドラマで御一緒しました。監督になられ久々に再会した蔵方さんの映画に対する真っ直ぐで真摯な目線は当時と変わらず、安心して撮影に臨むことが出来ました。そして…、小さな愛おしい映画が完成しました。常々、猫達の自由な気儘さを羨望の眼差しで見ていた僕にとって、癒しの作品になりました。みなさまの心にも届きますように!

木村多江のコメント

どちらかというと犬っぽいと言われる私が猫っぽい人の役。未知の世界に踏み込んだ。ちょっと憧れる猫っぽい人になろうと思ったらちょっと変な人になってしまったかも?!猫の愛しさに目が奪われる映画。お楽しみに。

大久保佳代子のコメント

唯一、ハマったスマホゲームが「ねこあつめ」。まさかの実写化にまさかの出演依頼。ただネコを集めるだけの小さい世界を、よくぞ人間ドラマに。しかもちゃんとネコを集めながら。私のお気に入りのキャラの子もヘビロテしていたグッズも実在。なんか、異次元の世界でお芝居しているようで、楽しかったし、やっぱりネコは可愛いかった。

 

作品情報

『ねこあつめの家』

2017年4月8日(土)から新宿武蔵野館ほか全国公開
監督:蔵方政俊 原作・原案:ねこあつめ(Hit-Point) 脚本:永森裕二 出演: 伊藤淳史 忽那汐里 戸田昌宏 大久保佳代子 青戸浩香 大嶺創羽 村木藤志郎 大山うさぎ 田口トモロヲ 木村多江 配給:AMGエンタテインメント
  • HOME
  • Movie,Drama
  • 実写版『ねこあつめ』ポスター公開、小説家・伊藤淳史を設置&猫まみれ

Special Feature

メタ・サピエンス──デジタルとリアルが溶け合う世界を探究する

デジタルとリアルが融合する世界。世界はどう変化し、人々はどう進化するのだろうか?私たちはその進化した存在を「メタ・サピエンス」と名づけ、「Humanity - 人類の進化」「Life - 生活・文化の進化」「Society - 社会基盤の進化」の3つの視点からメタ・サピエンスの行動原理を探究していく。

詳しくみる

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて