エマ・ワトソン主演『美女と野獣』を東京フィルの生演奏付きで上映

『実写版「美女と野獣」ライブ・オーケストラ』が、4月29日と30日に東京・有楽町の東京国際フォーラムで開催される。

エマ・ワトソンが主演を務め、4月21日から全国で公開される実写版映画『美女と野獣』。劇中音楽として1991年のアニメーション映画『美女と野獣』に登場した全てのミュージカル曲に加え、アラン・メンケンによる新曲3曲を使用している。

同イベントではスクリーンで上映される映画全編にあわせて、劇中音楽を生演奏。東京フィルハーモニー交響楽団が約90人のフルオーケストラ編成で出演し、指揮者をニコラス・バックが務める。なお映画本編は英語音声、日本語字幕で上映される。

チケットの先行販売は本日1月25日に開始。詳細はウォルト・ディズニー・ジャパンのオフィシャルサイトをチェックしよう。

イベント情報

『実写版「美女と野獣」ライブ・オーケストラ』

2017年4月29日(土・祝)、4月30日(日)全4公演 会場:東京都 有楽町 東京国際フォーラム ホールA
指揮:ニコラス・バック 演奏:東京フィルハーモニー交響楽団 料金:S席9,800円 A席7,800円 B席2,800円
作品情報

『美女と野獣』

2017年4月21日(金)から全国公開
監督:ビル・コンドン 出演: エマ・ワトソン ダン・スティーヴンス ルーク・エヴァンス 配給:ウォルト・ディズニー・ジャパン
  • HOME
  • Movie,Drama
  • エマ・ワトソン主演『美女と野獣』を東京フィルの生演奏付きで上映

Special Feature

Habitable World──これからの「文化的な生活」

気候変動や環境破壊の進行によって、人間の暮らしや生態系が脅威に晒されているなか、これからの「文化的な生活」のあり方とはどういうものなのだろうか?
すでに行動している人々に学びながら、これからの暮らしを考える。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて