『KOKUYO DESIGN AWARD』受賞展 今回のテーマは「HOW TO LIVE」

展覧会『KOKUYO DESIGN AWARD 2016 WINNERS』が、2月17日から東京・表参道のMINA-TOで開催される。

文房具やオフィス家具をはじめとする商品、サービスを展開するコクヨ株式会社が、ユーザー視点の物作りの推進を目的に2002年に開始したデザイン賞の『KOKUYO DESIGN AWARD』。毎回テーマを設定してプロダクトデザインを募集し、受賞作品の商品化にも取り組んでいる。これまでの商品化企画には「カドケシ」「和ごむ」「なまえのないえのぐ」などがある。

14回目となる今回のテーマは「HOW TO LIVE」。展覧会ではグランプリを受賞したAATISMOの『素材としての文房具』、優秀賞を受賞した阿部泰成の『どうぐのきねんび』、南和宏の『マンガムテープ』、Kujiraの『ぴったりカット』の4点の作品模型を展示する。

審査員を務めたのは佐藤可士和、鈴木康広、田川欣哉、植原亮輔(キギ)、渡邉良重(キギ)、コクヨ株式会社代表取締役会長の黒田章裕。

イベント情報

『KOKUYO DESIGN AWARD 2016 WINNERS』

2017年2月17日(金)~ 2月19日(日) 会場:東京都 表参道 スパイラル1F MINA-TO
時間:11:00~20:00 参加作家: AATISMO 阿部泰成 南和宏 Kujira 料金:無料
  • HOME
  • Art,Design
  • 『KOKUYO DESIGN AWARD』受賞展 今回のテーマは「HOW TO LIVE」

Special Feature

メタ・サピエンス──デジタルとリアルが溶け合う世界を探究する

デジタルとリアルが融合する世界。世界はどう変化し、人々はどう進化するのだろうか?私たちはその進化した存在を「メタ・サピエンス」と名づけ、「Humanity - 人類の進化」「Life - 生活・文化の進化」「Society - 社会基盤の進化」の3つの視点からメタ・サピエンスの行動原理を探究していく。

詳しくみる

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて