ニュース

ローカル線と高校生がレース 映画『トモシビ』に松風理咲、前野朋哉ら

『トモシビ 銚子電鉄 6.4kmの軌跡』 ©2017 トモシビパートナーズ
『トモシビ 銚子電鉄 6.4kmの軌跡』 ©2017 トモシビパートナーズ

映画『トモシビ 銚子電鉄 6.4kmの軌跡』 が、5月から全国で順次公開される。

千葉・銚子で1923年から運行されている「銚子電気鉄道線」を舞台にした同作。地域活性化イベントに「高校生ランナーと銚子電鉄が競争する」という自身のアイデアが採用された16歳の主人公・椎名杏子を中心に、同線の周囲に暮らす人々の姿を描く。

杏子役を演じるのは、同作で映画初主演を果たす松風理咲。杏子の母役を富田靖子、母の友人で銚子電鉄に運転士として勤務する磯崎役を有野晋哉が演じるほか、銚子を訪れた女性・キミエ役の植田真梨恵、キミエに惹かれる「撮り鉄」の青年・熊神役の前野朋哉、元駅長役の井上順が出演者に名を連ねている。

監督は映画『の・ようなもの のようなもの』を手掛けた杉山泰一。原作は吉野翠による連作短編『トモシビ~銚子電鉄の小さな奇跡~』となる。なお同作は千葉・イオンシネマ銚子で先行公開後、東京・新宿武蔵野館ほか全国で順次公開される。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

The Wisely Brothers“テーブル”

The Wisely Brothersの新アルバム『Captain Sad』から、リード曲“テーブル”のMVが公開。監督は新進気鋭のアートチーム「chua」。目の前に座っていても視線は交わされない、ひりつくように愛おしい時間は自分の記憶にも確かに存在していて、なんとも切ない気持ちに。ちょっとドリーミーなのも癖になる。<ふたつが重なることはない どうしてもそれぞれは なくなるコーヒーを見て歌おう>というフレーズ、このアルバムに通して漂う悲哀と希望がぎゅっと詰まっているよう。(石澤)

  1. おうちでサマソニ。YouTubeライブ配信にThe 1975、レッチリ、Perfumeら 1

    おうちでサマソニ。YouTubeライブ配信にThe 1975、レッチリ、Perfumeら

  2. 柄本佑と瀧内公美が盆踊りを手繋ぎで横切る 映画『火口のふたり』本編映像 2

    柄本佑と瀧内公美が盆踊りを手繋ぎで横切る 映画『火口のふたり』本編映像

  3. ピアニスト・清塚信也はなぜバラエティ番組に出る?意外な狙い 3

    ピアニスト・清塚信也はなぜバラエティ番組に出る?意外な狙い

  4. 吉田豪が見た『全裸監督』と村西とおる 過去の危ない体験談を語る 4

    吉田豪が見た『全裸監督』と村西とおる 過去の危ない体験談を語る

  5. 大友良英が『いだてん』に感じた、今の時代に放送される必然性 5

    大友良英が『いだてん』に感じた、今の時代に放送される必然性

  6. 『ライジング』8月16日は開催中止、台風10号接近のため 17日の開催は明日発表 6

    『ライジング』8月16日は開催中止、台風10号接近のため 17日の開催は明日発表

  7. 草彅剛がダメ長男、MEGUMI&中村倫也らが家族 映画『台風家族』場面写真 7

    草彅剛がダメ長男、MEGUMI&中村倫也らが家族 映画『台風家族』場面写真

  8. 『スター・ウォーズ』の展覧会『STAR WARS Identities』寺田倉庫で開幕 8

    『スター・ウォーズ』の展覧会『STAR WARS Identities』寺田倉庫で開幕

  9. 三浦直之とEMCによるファミレス感漂う「ポップカルチャー」談義 9

    三浦直之とEMCによるファミレス感漂う「ポップカルチャー」談義

  10. 広瀬すずが『LIFE!』登場、『なつぞら』コラボで中川大志&内村光良と共演 10

    広瀬すずが『LIFE!』登場、『なつぞら』コラボで中川大志&内村光良と共演