「ほぼ糸井重里」特集『SWITCH』刊行記念 未掲載写真や原画を2会場で展示

『SWITCH「ほぼ糸井重里」特集発刊記念 あふれたこと展』が、2月18日から東京・表参道のTOBICHI2、西麻布のRainy Day Bookstore & Cafeで開催される。

同展は、糸井重里とほぼ日を特集した『SWITCH Vol.35 No.3』が2月20日に刊行されることを記念して開催。同誌に入りきらなかった「あふれたこと」を紹介する。

会場では『SWITCH Vol.35 No.3』に掲載された和田誠、湯村輝彦、南伸坊、黒田征太郎、下田昌克のイラスト原画や、取材のオフショット写真などを展示。会場では同誌を先行販売し、購入者には雑誌に未収録の糸井の対談や言葉が収められた小冊子『あふれたこと。』を配布する。

また2会場でスタンプを押すと、「おみくじ」に挑戦できるスタンプラリーを実施。おみくじには『SWITCH』から抜粋した言葉と、この企画のために下田昌克が描き下ろしたイラストが記されている。さらに会期中は下田が来場者の似顔絵を描く無料イベントも開催するほか、Rainy Day Bookstore & Cafeには糸井が考案した西武百貨店のキャッチコピーをウディ・アレンが書いた「『おいしい生活』の書」を展示。詳細は「ほぼ日刊イトイ新聞」の特設ページをチェックしよう。

イベント情報

『SWITCH「ほぼ糸井重里」特集発刊記念 あふれたこと展』

2017年2月18日(土)~2月26日(日) 会場:東京都 表参道 TOBICHI2 時間:11:00~19:00 料金:無料 2017年2月18日(土)~2月26日(日) 会場:東京都 西麻布 Rainy Day Bookstore & Cafe 時間:8:30~19:00 料金:無料
  • HOME
  • Life&Society
  • 「ほぼ糸井重里」特集『SWITCH』刊行記念 未掲載写真や原画を2会場で展示

Special Feature

coe──未来世代のちいさな声から兆しをつくる

ダイバーシティーやインクルージョンという言葉が浸透し、SDGsなど社会課題の解決を目指す取り組みが進む。しかし、個人のちいさな声はどうしても取りこぼされてしまいがちだ。いまこの瞬間も、たくさんの子どもや若者たちが真剣な悩みやコンプレックス、生きづらさを抱えながら、毎日を生きている。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて