実写版『攻殻機動隊』新映像が公開 スカヨハ少佐の顔が割れる

映画『ゴースト・イン・ザ・シェル』の新映像が公開された。

新たに公開された映像では、スカーレット・ヨハンソン演じる「少佐」の顔の一部がクゼらしき人物に取り外され、義体の内部が覗く場面をはじめ、片目にアイパッチを付けたサイトーと思しき人物、バトーが銃を構えて走る姿、多脚戦車による銃撃シーンなどが確認できる。

4月7日から公開される同作は、士郎正宗の『攻殻機動隊』をもとにした実写映画。脳以外は全身が義体の少佐率いるエリート組織・公安9課がサイバーテロ組織と対峙する様を描く。原作の草薙素子にあたる主人公の少佐役をスカーレット・ヨハンソンが演じるほか、荒巻役をビートたけし、クゼ役をマイケル・ピット、バトー役をピルー・アスベック、映画オリジナルキャラクターであるオウレイ博士役をジュリエット・ビノシュが演じる。監督は『スノーホワイト』のルパート・サンダース。

作品情報

『ゴースト・イン・ザ・シェル』

2017年4月7日(金)から全国公開
監督:ルパート・サンダース 音楽:川井憲次 出演: スカーレット・ヨハンソン ビートたけし マイケル・ピット ピルー・アスベック チン・ハン ジュリエット・ビノシュ 配給:東和ピクチャーズ
  • HOME
  • Movie,Drama
  • 実写版『攻殻機動隊』新映像が公開 スカヨハ少佐の顔が割れる

Special Feature

Habitable World──これからの「文化的な生活」

気候変動や環境破壊の進行によって、人間の暮らしや生態系が脅威に晒されているなか、これからの「文化的な生活」のあり方とはどういうものなのだろうか?
すでに行動している人々に学びながら、これからの暮らしを考える。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて