アメリカ・メキシコ国境で謎の襲撃 サバイバル映画『ノー・エスケープ』

映画『ノー・エスケープ 自由への国境』が、5月5日から東京・日比谷のTOHOシネマズ シャンテほか全国で公開される。

『ノー・エスケープ 自由への国境』はメキシコからアメリカへ不法入国を試みる人々のサバイバルを描いた作品。武器を持たず、砂漠を越えてアメリカに向かおうとする男・モイセスと15人の不法移民たちが、正体不明の襲撃に遭うというあらすじだ。

移民を率いる主人公のモイセスを演じるのは、『バベル』などのガエル・ガルシア・ベルナル。共演者に『ウォーキング・デッド』シリーズのジェフリー・ディーン・モーガンが名を連ねている。メガホンを取ったのは、『ゼロ・グラビティ』で監督を務めたアルフォンソ・キュアロンの息子で、『ゼロ・グラビティ』の脚本にも参加したホナス・キュアロン。父のアルフォンソは『ノー・エスケープ 自由への国境』のプロデューサーに名を連ねている。

なお『ノー・エスケープ 自由への国境』の構想は8年にわたって練られたという。原題は『Desierto』となり、スペイン語で砂漠を意味する。

 

作品情報

『ノー・エスケープ 自由への国境』

2017年5月5日(金・祝)からTOHOシネマズ シャンテほか全国公開
監督:ホナス・キュアロン 出演: ガエル・ガルシア・ベルナル ジェフリー・ディーン・モーガン 上映時間:88分 配給:アスミック・エース
  • HOME
  • Movie/Drama
  • アメリカ・メキシコ国境で謎の襲撃 サバイバル映画『ノー・エスケープ』

Special Feature

Habitable World──これからの「文化的な生活」

気候変動や環境破壊の進行によって、人間の暮らしや生態系が脅威に晒されているなか、これからの「文化的な生活」のあり方とはどういうものなのだろうか?
すでに行動している人々に学びながら、これからの暮らしを考える。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて