ニュース

『夜は短し歩けよ乙女』星野源&花澤香菜の声入り予告 アジカン主題歌も

森見登美彦原作のアニメーション映画『夜は短し歩けよ乙女』の予告編が公開された。

4月7日から全国で公開される同作は、京都を舞台に、後輩である「黒髪の乙女」に想いを寄せる「先輩」が、彼女の目にとまろうと日々奮闘しながら様々な騒動に巻き込まれる様を描く作品。主人公の先輩役を星野源、「黒髪の乙女」役を花澤香菜が演じるほか、神谷浩史、秋山竜次(ロバート)らが声優陣に名を連ねている。監督は湯浅政明。

予告編では、先輩が黒髪の乙女に対して、「なるべく彼女の目にとまる」ための「ナカメ作戦」を決行し、空回りしながら奮闘する様が映し出されている。また黒髪の乙女や、神谷演じる学園祭事務局長、秋山演じるパンツ総番長らのセリフも確認できる。

あわせて同作の主題歌がASIAN KUNG-FU GENERATIONの新曲“荒野を歩け”になることが発表。予告編にも同曲が使用されている。同曲のリリースについては、近日中に発表されるという。

さらに星野のアフレコ風景も公開。アフレコは2月に数日間にわたって都内で行なわれた。湯浅監督は星野について「まさに先輩がいました」と賛辞を贈っている。

後藤正文(ASIAN KUNG-FU GENERATION)のコメント

再び『四畳半神話大系』に関わった皆さんと仕事ができて嬉しいです。
甘酸っぱくも不思議な世界観の作品に馴染むように、ちょっと変だけど爽やかな曲を書きました。
星野源君にも歌ってほしいです。

星野源アフレコ風景 ©森見登美彦・KADOKAWA/ナカメの会
星野源アフレコ風景 ©森見登美彦・KADOKAWA/ナカメの会
星野源アフレコ風景 ©森見登美彦・KADOKAWA/ナカメの会
星野源アフレコ風景 ©森見登美彦・KADOKAWA/ナカメの会
ASIAN KUNG-FU GENERATION
ASIAN KUNG-FU GENERATION
『夜は短し歩けよ乙女』キービジュアル ©森見登美彦・KADOKAWA/ナカメの会
『夜は短し歩けよ乙女』キービジュアル ©森見登美彦・KADOKAWA/ナカメの会
画像を拡大する(17枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

映画『サラバ静寂』予告編

1月27日公開の映画『サラバ静寂』予告編が届いた。音楽が無料で手に入ったり音楽フェスが溢れる音楽飽和時代に、なぜ「音楽が禁止された世界」を描くのか? 現代から考えれば、ある意味ではSFともいえる作品かもしれないけど、現代だからこそ、たくさんの人が見る意味のある作品だと思う。SUMIREの初演技にも要注目。(川浦)

  1. 15歳で集団性的暴行を受けた女性の手記を映画化、『私は絶対許さない』特報 1

    15歳で集団性的暴行を受けた女性の手記を映画化、『私は絶対許さない』特報

  2. TWICEを『ラブライブ!』京極尚彦がアニメ化 新曲“Candy Pop”PV公開 2

    TWICEを『ラブライブ!』京極尚彦がアニメ化 新曲“Candy Pop”PV公開

  3. KOHH、PUNPEE、ECD、ANARCHYら60組超撮影 21世紀の日本ヒップホップ写真集 3

    KOHH、PUNPEE、ECD、ANARCHYら60組超撮影 21世紀の日本ヒップホップ写真集

  4. 『カウボーイビバップ』全26話をオールナイトで一挙上映 放送20周年記念 4

    『カウボーイビバップ』全26話をオールナイトで一挙上映 放送20周年記念

  5. 映画『空海』高橋一生、吉田羊ら吹替声優の声が初公開 RADWIMPS挿入歌も 5

    映画『空海』高橋一生、吉田羊ら吹替声優の声が初公開 RADWIMPS挿入歌も

  6. toconomaが仕事とバンドを両立する訳と、守り続ける放課後感 6

    toconomaが仕事とバンドを両立する訳と、守り続ける放課後感

  7. 『ベイビー・ドライバー』爆走絶叫上映 冒頭7分はスタンディング推奨 7

    『ベイビー・ドライバー』爆走絶叫上映 冒頭7分はスタンディング推奨

  8. ONE OK ROCKは下の世代に提案する。夢を持ち続け、叶えること 8

    ONE OK ROCKは下の世代に提案する。夢を持ち続け、叶えること

  9. ビートルズやボウイら「レジェンド」描く norahi個展『BIBLE』 9

    ビートルズやボウイら「レジェンド」描く norahi個展『BIBLE』

  10. 放浪の音楽家Caravanが語る、ステレオタイプな音楽活動への疑問 10

    放浪の音楽家Caravanが語る、ステレオタイプな音楽活動への疑問