ニュース

ディック・ブルーナ『シンプルの正体』展 ミッフィーの原画など約500点

『シンプルの正体 ディック・ブルーナのデザイン』メインビジュアル BLACK BEAR © copyright: Dick Bruna
『シンプルの正体 ディック・ブルーナのデザイン』メインビジュアル BLACK BEAR © copyright: Dick Bruna

『シンプルの正体 ディック・ブルーナのデザイン』展が、4月19日から東京・松屋銀座8階イベントスクエアで開催される。

2月16日に89歳で逝去したディック・ブルーナ。「ミッフィー」シリーズなどの絵本作家として知られるほか、グラフィックデザイナーとしてもペーパーバックシリーズ、「ブラック・ベア」の表紙やポスターをはじめとするシンプルでユーモアのある作品を数多く残した。

ブルーナが約60年間の創作活動で作り上げた「シンプルの正体」を解き明かす同展では、200冊を超えるペーパーバックに加え、デザイン原画やスケッチ約40点、ミッフィーやボリスなどの絵本原画約30点、ポスターの複製といった作品を含む約500点を展示。さらに「シンプルの明日」というテーマのもとで、KIGI、groovisions、中村至男、ミントデザインズの4組がブルーナの作品からインスピレーションを受けた新作を発表する。展覧会のアートディレクションは菊地敦己が担当。

「ブラック・ベア」シリーズ ポスター 1968年 BLACK BEAR © copyright: Dick Bruna
「ブラック・ベア」シリーズ ポスター 1968年 BLACK BEAR © copyright: Dick Bruna
『雪の中の六人のシャドー』 ペーパーバック 1969年 ©Dick Bruna
『雪の中の六人のシャドー』 ペーパーバック 1969年 ©Dick Bruna
『こいぬのくんくん』より 絵本 1969年 Illustrations Dick Bruna ©copyright Mercis bv, 1953-2017 www.miffy.com
『こいぬのくんくん』より 絵本 1969年 Illustrations Dick Bruna ©copyright Mercis bv, 1953-2017 www.miffy.com
画像を拡大する(10枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

けもの“ただの夏”

西田修大や石若駿らが参加した、けもの“ただの夏”のMV。日々のよもやまを何となく夏のせいしてみたり、夏ってだけで毎日はどこか特別になってしまうけれど、感傷的な赤い季節の魔力を前に立ち止まってみるのもいいかもしれない。<これはただの夏>のリフレインの合間に歌われる、<好きな人を 好きになってしまう>のラインにハッとした。(山元)

  1. 星野源&高畑充希がおにぎりを手に見つめ合う、『引っ越し大名!』新写真 1

    星野源&高畑充希がおにぎりを手に見つめ合う、『引っ越し大名!』新写真

  2. 4万本の薔薇に包まれて食を享受、「喰種レストラン」銀座某所に限定開店 2

    4万本の薔薇に包まれて食を享受、「喰種レストラン」銀座某所に限定開店

  3. 白石麻衣が“半額ブギウギ”で踊るソフトバンク新CM スマホ紹介動画も 3

    白石麻衣が“半額ブギウギ”で踊るソフトバンク新CM スマホ紹介動画も

  4. 志尊淳が夏帆や伊藤万理華とキス、『潤一』予告編&場面写真が公開 4

    志尊淳が夏帆や伊藤万理華とキス、『潤一』予告編&場面写真が公開

  5. 「天使」のような南米の連続殺人犯がモデル、『永遠に僕のもの』8月公開 5

    「天使」のような南米の連続殺人犯がモデル、『永遠に僕のもの』8月公開

  6. 全て曝け出したBLUE ENCOUNT 成功を超えたバンドの葛藤と本音 6

    全て曝け出したBLUE ENCOUNT 成功を超えたバンドの葛藤と本音

  7. 『Zipper』1号限りの復活 木村カエラが表紙&巻頭、テーマは「90年代」 7

    『Zipper』1号限りの復活 木村カエラが表紙&巻頭、テーマは「90年代」

  8. ディアステージとパーフェクトミュージックが経営統合を発表 8

    ディアステージとパーフェクトミュージックが経営統合を発表

  9. Dizzy Sunfistの、夢を貫く力。「仲間に頼れることが強さ」 9

    Dizzy Sunfistの、夢を貫く力。「仲間に頼れることが強さ」

  10. IKEA×現代美術作家オラファー・エリアソンがコラボ。太陽光の利用を促進 10

    IKEA×現代美術作家オラファー・エリアソンがコラボ。太陽光の利用を促進