ニュース

『3.11映画祭』に国内外の6プログラム テーマは「見えないものをみる力」

『第4回 3.11映画祭』が、3月11日と12日に東京・秋葉原の3331 Arts Chiyodaで開催される。

毎年、東日本大震災が発生した3月11日前後に開催されている『3.11映画祭』。4回目を迎える今回は「見えないものをみる力」をテーマに据え、映像作品の上映やイベントを実施する。

上映作品には、ドイツ人監督のドリス・デリエによる桃井かおり出演作『フクシマ・モナムール』をはじめ、取材に基づいて「あの日の真実」の再現に挑む『太陽の蓋』や、被災地域の人々を映す記録映画『大地を受け継ぐ』『小さき声のカノン―選択する人々』、自然エネルギーの活用に取り組む人々を訪ねた『日本と再生 光と風のギガワット作戦』、「3.11」をきっかけに集まったNOddIN所属の映像作家による短編映像が並ぶ。

期間中には監督らが登壇するトークイベントをはじめ、3331 Arts Chiyodaの屋上に宿泊する『アーバンキャンプトーキョーVol.5』、様々な団体が展示販売を行なう『三三三市×3.11映画祭マーケット』、防災ワークショップといったイベントも開催。

また『第4回 3.11映画祭』のプレトークイベントが2月27日、アフタートークイベントが3月19日にそれぞれ実施される。詳細は『第4回 3.11映画祭』のオフィシャルサイトをチェックしよう。チケットは現在販売中。

『第4回 3.11映画祭』キービジュアル
『第4回 3.11映画祭』キービジュアル
『フクシマ・モナムール』 ©Matthias Bothor, Majestic
『フクシマ・モナムール』 ©Matthias Bothor, Majestic
『第4回 3.11映画祭』展示ビジュアル
『第4回 3.11映画祭』展示ビジュアル
画像を拡大する(3枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

映画『サラバ静寂』予告編

1月27日公開の映画『サラバ静寂』予告編が届いた。音楽が無料で手に入ったり音楽フェスが溢れる音楽飽和時代に、なぜ「音楽が禁止された世界」を描くのか? 現代から考えれば、ある意味ではSFともいえる作品かもしれないけど、現代だからこそ、たくさんの人が見る意味のある作品だと思う。SUMIREの初演技にも要注目。(川浦)

  1. 15歳で集団性的暴行を受けた女性の手記を映画化、『私は絶対許さない』特報 1

    15歳で集団性的暴行を受けた女性の手記を映画化、『私は絶対許さない』特報

  2. TWICEを『ラブライブ!』京極尚彦がアニメ化 新曲“Candy Pop”PV公開 2

    TWICEを『ラブライブ!』京極尚彦がアニメ化 新曲“Candy Pop”PV公開

  3. KOHH、PUNPEE、ECD、ANARCHYら60組超撮影 21世紀の日本ヒップホップ写真集 3

    KOHH、PUNPEE、ECD、ANARCHYら60組超撮影 21世紀の日本ヒップホップ写真集

  4. 『カウボーイビバップ』全26話をオールナイトで一挙上映 放送20周年記念 4

    『カウボーイビバップ』全26話をオールナイトで一挙上映 放送20周年記念

  5. 映画『空海』高橋一生、吉田羊ら吹替声優の声が初公開 RADWIMPS挿入歌も 5

    映画『空海』高橋一生、吉田羊ら吹替声優の声が初公開 RADWIMPS挿入歌も

  6. toconomaが仕事とバンドを両立する訳と、守り続ける放課後感 6

    toconomaが仕事とバンドを両立する訳と、守り続ける放課後感

  7. 『ベイビー・ドライバー』爆走絶叫上映 冒頭7分はスタンディング推奨 7

    『ベイビー・ドライバー』爆走絶叫上映 冒頭7分はスタンディング推奨

  8. ONE OK ROCKは下の世代に提案する。夢を持ち続け、叶えること 8

    ONE OK ROCKは下の世代に提案する。夢を持ち続け、叶えること

  9. ビートルズやボウイら「レジェンド」描く norahi個展『BIBLE』 9

    ビートルズやボウイら「レジェンド」描く norahi個展『BIBLE』

  10. 放浪の音楽家Caravanが語る、ステレオタイプな音楽活動への疑問 10

    放浪の音楽家Caravanが語る、ステレオタイプな音楽活動への疑問