ニュース

坂口健太郎×忽那汐里がペアルックのお隣さんに niko and...10周年映像

niko and...『春、夏、君、僕。』より
niko and...『春、夏、君、僕。』より

niko and...の10周年記念映像『春、夏、君、僕。』が公開された。

本日3月10日からブランド設立10周年記念のプロモーションを展開するniko and...。10周年を迎えるにあたって、過去に同ブランドのCMに出演している坂口健太郎と、ブランドのムック本にも参加している忽那汐里をアンバサダーに起用した。

『春、夏、君、僕。』は、坂口と忽那が演じる、同じアパートの隣同士の部屋に引っ越してきた男女の物語。出会うことなくすれ違い続けた2人が、最後に同時にドアを開け、揃いのコーディネートで初対面するという内容だ。坂口と忽那は計25パターンの衣装を着用したという。テーマ曲には桜井和寿(Mr.Children)とGAKU-MCによるユニット・ウカスカジーの“Anniversary”が起用されている。

坂口は印象に残ったシーンについて「二人がすれ違いながら進む中で、最後に出会うシーンは、やっと二人が出会えたのでほっこりするような気持ちがあり、やっていて楽しかったです」とコメント。忽那は共演した坂口の印象について「とっても身長が高いけれど、圧を感じなくて、爽やかな方だと思いました」と振り返っている。

坂口健太郎のコメント

印象に残ったシーン、撮影の感想
二人がすれ違いながら進む中で、最後に出会うシーンは、やっと二人が出会えたのでほっこりするような気持ちがあり、やっていて楽しかったです。タイミングを合わせるのが難しかったです。

忽那汐里の第一印象
役や世界に合わせていらっしゃるので、今回もniko and...の世界にいる忽那さん、という感じで印象はまだ探っている感じです。

niko and...ブランドアンバサダー就任の感想
実は小物とかがこんなに充実しているって知らなかったんですよ。メガネを選ぶシーンがあったり、部屋の中に使われている小物だったりを見て、こんなにあって、どれもかわいいなと。自分でも時々niko and...の洋服を着るのですが、自分でも着て、素敵なムービーをみてもらって、盛り上がっていければと思います。

忽那汐里のコメント

印象に残ったシーン、撮影の感想
(最終的な映像の仕上がりが)2倍速なので動きを大げさにしました。お芝居というより動きをいかに決めていけるかが大切なので普段とは違いました。

坂口健太郎の第一印象
とっても身長が高いけれど、圧を感じなくて、爽やかな方だと思いました。

niko and...ブランドアンバサダー就任の感想
本当に幅広い方が着られる洋服だと思うので、みんなで盛り上げていきたいです。

niko and...『春、夏、君、僕。』より
niko and...『春、夏、君、僕。』より
niko and...『春、夏、君、僕。』より
niko and...『春、夏、君、僕。』より
niko and...『春、夏、君、僕。』より
niko and...『春、夏、君、僕。』より
niko and...『春、夏、君、僕。』より
niko and...『春、夏、君、僕。』より
niko and...『春、夏、君、僕。』より
niko and...『春、夏、君、僕。』より
niko and...『春、夏、君、僕。』より
niko and...『春、夏、君、僕。』より
niko and...『春、夏、君、僕。』より
niko and...『春、夏、君、僕。』より
画像を拡大する(11枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

PUNPEE“タイムマシーンにのって”

あのPUNPEEがまたやった!!! 昨年発売のアルバム『MODERN TIMES』から初のMVとなる“タイムマシーンにのって”が公開。1度見ただけでも存分に楽しめる作品だけれど、この情報量の多さ。『バック・トゥ・ザ・フューチャー』を思わせる時計台のロゴがSEIKOならぬSAYHOになっていたり、車体に『AKIRA』の成田山ステッカーが貼られていたり……ピザなど頼んで細部まで何時間も見ていたい。(井戸沼)

  1. 小出祐介が問題提起、日本語ポップスにおける「歌詞の曖昧さ」 1

    小出祐介が問題提起、日本語ポップスにおける「歌詞の曖昧さ」

  2. 『紅白歌合戦』会見にあいみょん、DAOKO、YOSHIKI、キンプリ、刀剣男子ら 2

    『紅白歌合戦』会見にあいみょん、DAOKO、YOSHIKI、キンプリ、刀剣男子ら

  3. BiSHが6人全員で振り返る、この夏出演した17本もの音楽フェス 3

    BiSHが6人全員で振り返る、この夏出演した17本もの音楽フェス

  4. Hi-STANDARD元スタッフによる『SOUNDS LIKE SHIT』レビュー 4

    Hi-STANDARD元スタッフによる『SOUNDS LIKE SHIT』レビュー

  5. FINAL SPANK HAPPYが示す「新男女関係」 結成半年を振り返る 5

    FINAL SPANK HAPPYが示す「新男女関係」 結成半年を振り返る

  6. 星野源『POP VIRUS』特典映像は全11曲スタジオライブ&ニセ明の創作密着 6

    星野源『POP VIRUS』特典映像は全11曲スタジオライブ&ニセ明の創作密着

  7. 遠藤ミチロウが膵臓がんを公表、現在は自宅療養中 7

    遠藤ミチロウが膵臓がんを公表、現在は自宅療養中

  8. RADWIMPS新ALにTaka、あいみょんら 小松菜奈&神尾楓珠出演の新曲PV公開 8

    RADWIMPS新ALにTaka、あいみょんら 小松菜奈&神尾楓珠出演の新曲PV公開

  9. 『情熱大陸』で諫山創に密着 『進撃の巨人』ラストネームに挑む様子を映す 9

    『情熱大陸』で諫山創に密着 『進撃の巨人』ラストネームに挑む様子を映す

  10. 土屋太鳳×北村匠海の「TAOTAK」が『春待つ僕ら』主題歌担当、PV公開 10

    土屋太鳳×北村匠海の「TAOTAK」が『春待つ僕ら』主題歌担当、PV公開