『装苑』東京NEWアンダーグラウンド特集 宇野亞喜良×志磨遼平の対談も

特集記事「東京NEWアンダーグラウンド」が3月28日発売の『装苑』2017年5月号に掲載される。

同特集は、「まだ無名でも特別な輝きを放つ人やもの」や「多くの人が知っている事象の中に潜む反骨精神や意外性」などを多面的に紹介するカルチャーガイド。宇野亞喜良が1960年代から70年代に描いた「昭和アングラ」にまつわるポスターや写真および本人のインタビュー記事に加えて、志磨遼平(ドレスコーズ)と宇野の対談、巖谷國士による論考「1960年代『アンダーグラウンド』とは何だったのか?」が掲載される。

「私とアンダーグラウンド」と題した企画では、映画『PARKS パークス』に出演する橋本愛と永野芽郁が映画の舞台となった東京・吉祥寺の「アングラスポット」を紹介するほか、尾崎世界観(クリープハイプ)、仲真史(BIG LOVE RECORDS)、川島小鳥、祖父江慎、五月女ケイ子らが登場。さらに「漫画家・古屋兎丸の代表作に息づくアングラカルチャー」といった記事や「東京オルタナティブスポットガイド50」といった特集も収められる。

また「未来をつくるUNDERGROUNDER」という記事では、ANNA、Aya Gloomy、BiSH、高田静流、UMMMI.、小山田米呂、池谷陸、山田健人、The Wisely Brothers、億なつき、嶌村吉祥丸を紹介。表紙は飾るのは、新たに『装苑』の専属モデルになったモトーラ世理奈となる。

書籍情報
  • HOME
  • Book
  • 『装苑』東京NEWアンダーグラウンド特集 宇野亞喜良×志磨遼平の対談も

Special Feature

メタ・サピエンス──デジタルとリアルが溶け合う世界を探究する

デジタルとリアルが融合する世界。世界はどう変化し、人々はどう進化するのだろうか?私たちはその進化した存在を「メタ・サピエンス」と名づけ、「Humanity - 人類の進化」「Life - 生活・文化の進化」「Society - 社会基盤の進化」の3つの視点からメタ・サピエンスの行動原理を探究していく。

詳しくみる

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて