ニュース

東南アジアの現代美術集う『サンシャワー』展 国立新美術館&森美術館で

ジョンペット・クスウィダナント『言葉と動きの可能性』 2013年 原動機のないモーターバイク、旗 サイズ可変 所蔵:森美術館、東京
ジョンペット・クスウィダナント『言葉と動きの可能性』 2013年 原動機のないモーターバイク、旗 サイズ可変 所蔵:森美術館、東京

展覧会『サンシャワー:東南アジアの現代美術展 1980年代から現在まで』が、7月5日から東京・六本木の国立新美術館と森美術館で開催される。

東南アジアの現代美術を一挙に紹介する同展。ASEAN(東南アジア諸国連合)の設立50周年を記念した企画となり、各国での現地調査に基づいて、1980年代以降のアートの発展を紹介する。ASEANの加盟国は、インドネシア、カンボジア、シンガポール、タイ、フィリピン、ブルネイ、ベトナム、マレーシア、ミャンマー、ラオスの10か国で、現在の総人口はEUを超える6億人超となっている。

展示は国立新美術館と森美術館の2館にまたがる9セクションで構成され、国立新美術館では「うつろう世界」「情熱と革命」「アーカイブ」「さまざまなアイデンティティー」「日々の生活」の5つのテーマ、森美術館では「発展とその影」「アートとは何か?なぜやるのか?」「瞑想としてのメディア」「歴史との対話」の4つのテーマに沿って美術作品を展示する。なおタイトルの「サンシャワー」は東南アジア地域で多く見られる天気雨を表す単語で、同地域が経てきた紆余曲折の歴史を示唆する意図が込められているという。

なお同展は東京展終了後の11月3日から、福岡・福岡アジア美術館で開催される。

イー・イラン『うつろう世界』(『偉人』シリーズより) 2010年 ミマキデジタル・インクジェット・プリント、酸性染料、ろうけつ・藍染め、絹 140.5×298cm Courtesy: Silverlens Galleries, Makati, The Philippines
イー・イラン『うつろう世界』(『偉人』シリーズより) 2010年 ミマキデジタル・インクジェット・プリント、酸性染料、ろうけつ・藍染め、絹 140.5×298cm Courtesy: Silverlens Galleries, Makati, The Philippines
ホー・ルイ・アン『ソーラー:メルトダウン』 2014年~ ビデオ、デジタルプリント、ソーラー電池式玩具 60分 Courtesy: Maezawa Hideto; TPAM Performing Arts Meeting in Yokohama, 2016
ホー・ルイ・アン『ソーラー:メルトダウン』 2014年~ ビデオ、デジタルプリント、ソーラー電池式玩具 60分 Courtesy: Maezawa Hideto; TPAM Performing Arts Meeting in Yokohama, 2016
コウ・グワンハウ『シュ・ティエシェン――アーカイブから見る作家の100年』 2014年 南洋理工大学CCAレジデンシー・スタジオ、シンガポールの印刷物、資料現物 サイズ可変 所蔵:シュ・ティエシェン&シンガポール・アート・アーカイブ・プロジェクト 撮影:Koh Nguang How
コウ・グワンハウ『シュ・ティエシェン――アーカイブから見る作家の100年』 2014年 南洋理工大学CCAレジデンシー・スタジオ、シンガポールの印刷物、資料現物 サイズ可変 所蔵:シュ・ティエシェン&シンガポール・アート・アーカイブ・プロジェクト 撮影:Koh Nguang How
アラヤー・ラートチャムルンスック『私たちが若かったころ』(『女性像』シリーズより) 1990年 エッチング、紙 38.9×93.4cm 所蔵:森美術館、東京
アラヤー・ラートチャムルンスック『私たちが若かったころ』(『女性像』シリーズより) 1990年 エッチング、紙 38.9×93.4cm 所蔵:森美術館、東京
画像を拡大する(9枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

『ゲット・アウト』予告編

10月27日に日本での公開を控える新感覚ホラー『ゲット・アウト』の予告編。人種差別が大きなテーマとなる本作は、2月にアメリカで公開されると、大反響を巻き起こした。チャンス・ザ・ラッパーにいたっては、シカゴの映画館で1日分の鑑賞チケットを買い占め、ファンを無料で招待するほどの惚れ込みようだとか。上映が待ち遠しい。(久野)