範宙遊泳の2本立て公演『範宙遊泳の宇宙冒険記6D』 山本卓卓の自作自演も

範宙遊泳による舞台『範宙遊泳の宇宙冒険記6D』が、4月29日から東京・新宿眼科画廊 スペースOで上演される。

2007年から東京を拠点に活動している劇団・範宙遊泳。国内外で公演を行ない、近年では文字や写真、光、色などを舞台上に投写する技法を取り入れた作品を発表している。2015年には、公演『うまれてないからまだしねない』の山本卓卓による上演台本が『第59回岸田國士戯曲賞』の最終候補に選出された。

『範宙遊泳の宇宙冒険記6D』では、『宇宙冒険記6D』『タイムライン』の2つの新作を上演。『宇宙冒険記6D』は、範宙遊泳のアートディレクターとしても活動するイラストレーター・たかくらかずきが初めて脚本を手掛けた作品で、演出を山本が務め、埜本幸良が出演する。『タイムライン』では、作・演出・出演を山本が担い、海外経験を経た個人的な内容を表現するという。振付協力で北尾亘(Baobab)が参加している。

チケットは現在販売中。詳細は範宙遊泳のオフィシャルサイトをチェックしよう。

イベント情報

『範宙遊泳の宇宙冒険記6D』

2017年4月29日(土・祝)~5月9日(火)全19公演 会場:東京都 新宿眼科画廊 スペースO
『宇宙冒険記6D』 作:たかくらかずき 演出:山本卓卓 出演:埜本幸良 『タイムライン』 作・演出・出演:山本卓卓 振付協力:北尾亘(Baobab) 料金:一般2,800円 学生2,300円 高校生以下1,000円
  • HOME
  • Stage
  • 範宙遊泳の2本立て公演『範宙遊泳の宇宙冒険記6D』 山本卓卓の自作自演も

Special Feature

メタ・サピエンス──デジタルとリアルが溶け合う世界を探究する

デジタルとリアルが融合する世界。世界はどう変化し、人々はどう進化するのだろうか?私たちはその進化した存在を「メタ・サピエンス」と名づけ、「Humanity - 人類の進化」「Life - 生活・文化の進化」「Society - 社会基盤の進化」の3つの視点からメタ・サピエンスの行動原理を探究していく。

詳しくみる

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて