ニュース

天野喜孝、O JUN、山口藍が出展 神社境内が会場の『Impacts!II 奮う展』

天野喜孝『Heroes R-1』2013年 ©AMANO Yoshitaka
天野喜孝『Heroes R-1』2013年 ©AMANO Yoshitaka

展覧会『Impacts!II 奮う展』が、4月22日から茨城・常陸国出雲大社内のギャラリー桜林で開催される。

昨年2月から3月にかけて開催されたギャラリー桜林のオープン記念展『Impacts! 勢み展』に連なる同展。引き続きミヅマアートギャラリーとの共同企画となる。

今回の出展作家は、『ファイナルファンタジー』シリーズのキャラクターデザインなどで知られる天野喜孝、様々な画材と技法を用いて日常の風景などから発想した作品を描くO JUN、厚みを持った「おふとんキャンバス」や立体的な支持体を用いた制作を行なう山口藍の3人。会場には横幅10メートルを超える天野の作品『百鬼夜行』も展示される予定だ。なお初日の4月22日にはオープニングレセプションが開催される。

O JUN『ゴジラ、現る!- Rio de La Plata』2009年 ©O JUN courtesy Mizuma Art Gallery
O JUN『ゴジラ、現る!- Rio de La Plata』2009年 ©O JUN courtesy Mizuma Art Gallery
山口藍『きえるひと』2014年 ©ai yamaguchi・NINYU WORKS courtesy Mizuma Art Gallery
山口藍『きえるひと』2014年 ©ai yamaguchi・NINYU WORKS courtesy Mizuma Art Gallery
画像を拡大する(3枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

edda“不老不死”

<私というバケモノが 生まれ落ち>というフレーズで始まる、不老不死の主人公の悲しみや無力感から死を願う楽曲のPV。歌うのは、その歌声に儚さと透明感を同居させるedda。ファンタジックながらもどこか暗い影を落とす楽曲世界と、ドールファッションモデルの橋本ルルを起用した不思議な温度感のある映像がマッチしている。(山元)