ニュース

ソシオパスVSシリアルキラー 恐怖映画『アイム・ノット・シリアルキラー』

映画『アイム・ノット・シリアルキラー』が、6月10日から東京・新宿シネマカリテほか全国で順次公開される。

同作は、遺体安置所を舞台にしたホラー作品を上映する松竹メディア事業部の企画『戦慄の<遺体安置所(モルグ)>ネクロテラー』の第2弾。謎の連続殺人事件が発生したアメリカ中西部の町を舞台に、死体や殺人に異常な関心を示す葬儀屋の息子ジョンが、自身の奥底に眠る衝動的な行動を抑えながらシリアルキラーと対決するというあらすじだ。撮影は全編にわたって16ミリフィリムで行なわれた。

「ソシオパス<社会病質者>」と診断された16歳のジョン役に『かいじゅうたちのいるところ』で主人公を演じたマックス・レコーズ、ジョンと対峙する殺人鬼役に『バック・トゥ・ザ・フューチャー』シリーズのクリストファー・ロイドがキャスティング。監督はビリー・オブライエンが努めた。

『アイム・ノット・シリアルキラー』チラシビジュアル表 ©2016 FLOODLAND PICTURES AND THE TEA SHOP & FILM COMPANY
『アイム・ノット・シリアルキラー』チラシビジュアル表 ©2016 FLOODLAND PICTURES AND THE TEA SHOP & FILM COMPANY
『アイム・ノット・シリアルキラー』 ©2016 FLOODLAND PICTURES AND THE TEA SHOP & FILM COMPANY
『アイム・ノット・シリアルキラー』 ©2016 FLOODLAND PICTURES AND THE TEA SHOP & FILM COMPANY
『アイム・ノット・シリアルキラー』 ©2016 FLOODLAND PICTURES AND THE TEA SHOP & FILM COMPANY
『アイム・ノット・シリアルキラー』 ©2016 FLOODLAND PICTURES AND THE TEA SHOP & FILM COMPANY
画像を拡大する(7枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

岩井勇気(ハライチ)『ひねくれとか言われても俺はただ自分が進みたい道を選んでるだけ』

ドリームマッチでの『醤油の魔人 塩の魔人』、ラジオで突如披露した推しキャラケロッピをテーマにしたEDM調楽曲『ダメダメケロッピ』など、音楽的な才能に注目が集まる岩井勇気。今回はミツカン「こなべっち」とタッグを組み、自らがマイクを取ってラップに挑戦。しかもこの動画、岩井がこれまでラジオや書籍の中で言及してきた、珪藻土のバスマットや、海苔、メゾネットタイプの部屋、クラウス・ノミなどのネタが詰まっていて、まさか岩井さんの自宅なのでは……? と隅々まで見てしまう。つぎはぜひ、自作のトラックとリリックによる曲が披露されることを待っています。(川浦)

  1. テイラー・スウィフトと因縁のインディロック 田中宗一郎らが語る 1

    テイラー・スウィフトと因縁のインディロック 田中宗一郎らが語る

  2. 川井憲次に聞く押井守との共同制作。説明不可能な音楽探求の日々 2

    川井憲次に聞く押井守との共同制作。説明不可能な音楽探求の日々

  3. 三浦春馬主演『天外者』ウェブ限定動画「約束編」「決意編」「友情編」公開 3

    三浦春馬主演『天外者』ウェブ限定動画「約束編」「決意編」「友情編」公開

  4. 平手友梨奈が表紙を飾る『装苑』詳細発表 「クラシカルかつ幻想的ムード」 4

    平手友梨奈が表紙を飾る『装苑』詳細発表 「クラシカルかつ幻想的ムード」

  5. 菅田将暉“虹”PVで古川琴音と夫婦役、監督は呉美保 5

    菅田将暉“虹”PVで古川琴音と夫婦役、監督は呉美保

  6. 『ハーレイ・クインの華麗なる覚醒』論評 自立と解放への戦い描く 6

    『ハーレイ・クインの華麗なる覚醒』論評 自立と解放への戦い描く

  7. のんがブルーハーツをカバー マルコメ×『私をくいとめて』コラボ企画始動 7

    のんがブルーハーツをカバー マルコメ×『私をくいとめて』コラボ企画始動

  8. 石崎ひゅーい×森山未來対談 本当の戦いは勝ち負けの物差しの先で 8

    石崎ひゅーい×森山未來対談 本当の戦いは勝ち負けの物差しの先で

  9. 高橋一生が今年のグラコロソングを歌う、マクドナルド新テレビCM 9

    高橋一生が今年のグラコロソングを歌う、マクドナルド新テレビCM

  10. PUNPEEが2つの配信ライブで提示したもの、メール取材も実施 10

    PUNPEEが2つの配信ライブで提示したもの、メール取材も実施