ニュース

沖縄ビーチが舞台『コロナフェス』第2弾でクラムボン、D.A.N.、RACら10組

『CORONA SUNSETS FESTIVAL 2017』ビジュアル
『CORONA SUNSETS FESTIVAL 2017』ビジュアル

野外音楽イベント『CORONA SUNSETS FESTIVAL 2017』の第2弾出演者が発表された。

2014年にスペイン・イビサでスタートした『CORONA SUNSETS FESTIVAL』。「リゾートビーチ」「音楽」「サンセット」をテーマに据え、これまでに13か国で実施されている。日本での開催は3回目となり、今回は7月8日と9日に沖縄・豊見城の美らSUNビーチ野外音楽特設ステージで行なわれる。

今回出演が明らかになったのは、7月8日に出演するRAC、D.A.N.、DUBSENSEMANIA、Rickie-G、NAOKI SERIZAWA、9日に出演するクラムボン、iri、RITTO×OLIVE OIL、SAIRU、DJ HIKARUの10組。あわせてこれまでに発表されていたアーティストの出演日も明らかになっている。

チケットの先行販売は5月25日まで受付中。一般販売は5月27日10:00に開始される。詳細は『CORONA SUNSETS FESTIVAL 2017』のオフィシャルサイトをチェックしよう。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

シャムキャッツ“Four O'clock Flower”

ただシャムキャッツの四人がフラットに存在して、音楽を鳴らしている。過剰な演出を排し、平熱の映像で、淡々とバンドの姿を切り取ったPVにとにかく痺れる。撮影は写真家の伊丹豪。友情や愛情のような「時が経っても色褪せない想い」を歌ったこの曲に、この映像というのはなんともニクい。(山元)