ニュース

ゴダール監督×アンナ・カリーナ主演 『女は女である』など2本立て上映

『女は女である』 ©1961 STUDIOCANAL IMAGE - EURO INTERNATIONAL FILMS,S.p.A.
『女は女である』 ©1961 STUDIOCANAL IMAGE - EURO INTERNATIONAL FILMS,S.p.A.

特集上映『早稲田松竹クラシックスvol.125 ジャン=リュック・ゴダール監督特集』が、6月3日から東京・高田馬場の早稲田松竹で開催される。

ジャン=リュック・ゴダール監督を特集する同イベントでは、ミシェル・ルグランが音楽を手掛け、ゴダールにとって初のカラー作品となったミュージカルコメディー『女は女である』、大金を盗む計画を企てた男女3人の関係が、逃亡生活を送るうちに崩壊していく様を描いた『はなればなれに』の2本を上映。両作の主演は、1961年から1965年までパートナーだったアンナ・カリーナが務めた。『はなればなれに』はゴダールとカリーナが設立した映画製作会社アヌーシュカフィルムの第1回作品として1964年に発表された。

上映スケジュールなどの詳細は早稲田松竹のオフィシャルサイトで確認しよう。

『はなればなれに』 ©1964 Gaumont – Orsay Films
『はなればなれに』 ©1964 Gaumont – Orsay Films
『女は女である』 ©1961 STUDIOCANAL IMAGE - EURO INTERNATIONAL FILMS,S.p.A.
『女は女である』 ©1961 STUDIOCANAL IMAGE - EURO INTERNATIONAL FILMS,S.p.A.
画像を拡大する(7枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

Chara “Tiny Dancer”

<わたしが置いていくものは小さな態度><愛したことは真実>という印象的なフレーズとは裏腹にCharaのとびきり甘く優しい歌声が包み込む。満島ひかりとはとても不思議な女性で、「こども」と「おとな」を併せ持っているようだ。それはCharaも同じかもしれない。そんな二人が溶け合って惹かれあっているみたい。(川浦)