ニュース

星野みちるの新アルバム『黄道十二宮』に沖井礼二、かせき、あら恋ら参加

星野みちる
星野みちる

星野みちるのニューアルバム『黄道十二宮』が6月21日にリリースされる。

3歳から19歳までクラシックピアノを学んだ経歴を持ち、2005年からAKB48のオープニングメンバーとして活動していた星野。2007年にシンガーソングライターを目指して同グループを卒業し、2009年に1stミニアルバム『卒業』を発表した。5月31日には、シングル『鏡の中の私』『流れ星ランデブー』をCDとアナログ7インチの2形態で同時リリースする。

『黄道十二宮』には、先行シングルに収められている“鏡の中の私”“流れ星ランデブー”“境界線上の二人 feat. かせきさいだぁ”を含む全12曲を収録。参加ミュージシャンには、はせはじむ、沖井礼二(TWEEDEES、ex.Cymbals)、清浦夏実(TWEEDEES)、かせきさいだぁ、あらかじめ決められた恋人たちへ、ブルー・ペパーズ、佐藤清喜、新井俊也、ゲイリー芦屋、TSUTCHIE(SHAKKAZOMBIE)、辻林美穂、杉真理らが名を連ねている。

星野みちる『黄道十二宮』ジャケット
星野みちる『黄道十二宮』ジャケット
星野みちる『流れ星ランデブー』ジャケット
星野みちる『流れ星ランデブー』ジャケット
画像を拡大する(4枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

edda“不老不死”

<私というバケモノが 生まれ落ち>というフレーズで始まる、不老不死の主人公の悲しみや無力感から死を願う楽曲のPV。歌うのは、その歌声に儚さと透明感を同居させるedda。ファンタジックながらもどこか暗い影を落とす楽曲世界と、ドールファッションモデルの橋本ルルを起用した不思議な温度感のある映像がマッチしている。(山元)