ニュース

上野公園で屋外写真展『T3 PHOTO FESTIVAL』 石川直樹らのトークも

『T3 PHOTO FESTIVAL TOKYO』イメージビジュアル
『T3 PHOTO FESTIVAL TOKYO』イメージビジュアル

屋外型国際写真フェスティバル『T3 PHOTO FESTIVAL TOKYO』が、5月19日から東京・上野恩賜公園ほかで開催される。

上野恩賜公園とその周辺エリアを舞台に作品を屋外展示する『T3 PHOTO FESTIVAL TOKYO』。企画展『Invisible Stratum-見えない地層-』と、『東京国際写真コンペティション2016』の受賞者展『ORIGIN』を中心に構成される。展示設営は同公園にかつてあった竹をモチーフに設計されるという。

『Invisible Stratum-見えない地層-』では、「見る」ということを切り口に9組の作家の作品を展示。出展作家にはタイヨ・オノラト&ニコ・クレブス、エヴァ・ステンラム、サルバトーレ・ヴィターレ、マイヤ・タンミ、鈴木理策、米田知子、山本渉、武田慎平、宇佐美雅浩が名を連ねている。キュレーションは小高美穂とフェデリカ・チオチェッティが担当。

『ORIGIN』では、約1300人の応募者から選出された作家の作品を紹介。参加作家は、ベネディクテ・ヴァンダレート、エリザ・タモー、アンドレア・フォリーニ、長谷良樹、ヴィッキー・リード、カイ・ケンマー、マグダレーナ・ソール、ナオミ・ハリスの8組となる。

会期中には、視覚障がい者とアイマスクを着用した晴眼者がペアとなり上野エリアを歩いて写真撮影を行なう『“見えない世界”で写真を体験「視覚障碍者と共に楽しむ写真教室」』や、石川直樹、飯沢耕太郎らが登壇するトークイベント、国外のレビュアーによるポートフォリオレビュー、写真・アートを学ぶ学生のポートフォリオ展などを開催。詳細は『T3 PHOTO FESTIVAL TOKYO』のオフィシャルサイトで確認しよう。

なお同イベントのタイトルは、アメリカの社会学者リチャード・フロリダが自著『クリエイティブ資本論』で都市の繁栄に必要な条件として挙げている「才能(Talent)」「技術(Technology)」「寛容性(Tolerance)」の3つのTから名付けられた。

『T3 PHOTO FESTIVAL TOKYO』イメージビジュアル
『T3 PHOTO FESTIVAL TOKYO』イメージビジュアル
エヴァ・ステンラム作品 ©Eva Stenram, Drape I, Courtesy of the artist
エヴァ・ステンラム作品 ©Eva Stenram, Drape I, Courtesy of the artist
マイヤ・タンミ『Female Milk #4. From the series Milky Way』2015. (Archival pigment print 45×45cm.) ©Maija Tammi
マイヤ・タンミ『Female Milk #4. From the series Milky Way』2015. (Archival pigment print 45×45cm.) ©Maija Tammi
画像を拡大する(15枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

Chara “Tiny Dancer”

<わたしが置いていくものは小さな態度><愛したことは真実>という印象的なフレーズとは裏腹にCharaのとびきり甘く優しい歌声が包み込む。満島ひかりとはとても不思議な女性で、「こども」と「おとな」を併せ持っているようだ。それはCharaも同じかもしれない。そんな二人が溶け合って惹かれあっているみたい。(川浦)