ニュース

写真家・伊島薫と薫太朗の父子による初の2人展 浜崎貴司とのトークも

伊島薫『虫螻』 ©Izima Kaoru
伊島薫『虫螻』 ©Izima Kaoru

『伊島 薫・伊島薫太朗 二人展』が6月2日から東京・恵比寿のALで開催される。

1980年代からフォトグラファーとして、ミュージシャンのCDジャケットやポートレート、広告写真などを手掛けてきたほか、1994年にファッション誌『Zyappu』を創刊した伊島薫と、その息子で、イギリスなどでファッションデザインを学ぶ一方、独学で写真を習得した伊島薫太朗。

同展は、師弟関係はないという父子による初の2人展。蚊やハエ、アブなどの死骸をリングライトを装着したデジタルコンパクトカメラの顕微鏡モードで撮影した薫によるシリーズ『虫螻』と、花弁が落ちていく瞬間をカメラで追い続けた薫太朗によるシリーズ『落花』を、それぞれ約30点ずつ初公開する。会場では作品の販売や、共に6月上旬に刊行予定の薫の写真集『虫螻』と薫太朗の写真集『落花』の先行販売も行なわれる。

初日の6月2日にはオープニングレセプションを開催。6月8日には薫、薫太朗、2人と親交のある浜崎貴司(FLYING KIDS)によるトークイベントが行なわれる。参加方法などの詳細はALのオフィシャルサイトで確認しよう。

伊島薫太朗『落花』 ©Kuntaro Izima
伊島薫太朗『落花』 ©Kuntaro Izima
画像を拡大する(2枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

カネコアヤノ“光の方へ”

カネコアヤノの新作『燦々』より、すでに先行配信もされている屈指の名曲“光の方へ”のスタジオライブ映像。Tシャツ一枚に素足の飾り気ない佇まいが、音源よりも強気な歌声が、遠くを見つめたり、マイクをすっと見据えたり、手元を確認したりする一瞬一瞬が、いちいちかっこいい。カネコアヤノは、常に、今が一番最高なアーティストだと思う。(山元)

  1. Suchmosの軌跡、彼らが変えた音楽シーン。夢の横浜スタジアムにて 1

    Suchmosの軌跡、彼らが変えた音楽シーン。夢の横浜スタジアムにて

  2. 綾野剛が鶴瓶の車椅子を押す、映画『閉鎖病棟』場面写真&オフショット公開 2

    綾野剛が鶴瓶の車椅子を押す、映画『閉鎖病棟』場面写真&オフショット公開

  3. カネコアヤノが背負うもの。歌は日々に添えられた花束のように 3

    カネコアヤノが背負うもの。歌は日々に添えられた花束のように

  4. 飯豊まりえが泣き叫ぶ、『シライサン』予告公開 主題歌はCö shu Nie 4

    飯豊まりえが泣き叫ぶ、『シライサン』予告公開 主題歌はCö shu Nie

  5. 『ドラゴンボールZ』のユニクロT&スウェットが登場、河村康輔とコラボ 5

    『ドラゴンボールZ』のユニクロT&スウェットが登場、河村康輔とコラボ

  6. フォーリミ・GENの本音。自らの手で時代を作るための葛藤と原点 6

    フォーリミ・GENの本音。自らの手で時代を作るための葛藤と原点

  7. 『天気の子』展が銀座で開催、背景画など約400点 気象現象の再現装置も 7

    『天気の子』展が銀座で開催、背景画など約400点 気象現象の再現装置も

  8. のん初監督映画&ドキュメンタリー『のんたれ(I AM NON)』YouTubeで公開 8

    のん初監督映画&ドキュメンタリー『のんたれ(I AM NON)』YouTubeで公開

  9. 石野卓球、曽我部恵一、野田努、cero荒内らが選ぶWarp Recordsプレイリスト 9

    石野卓球、曽我部恵一、野田努、cero荒内らが選ぶWarp Recordsプレイリスト

  10. GEZAN主催の投げ銭フェス『全感覚祭』大阪会場のタイムテーブル発表 10

    GEZAN主催の投げ銭フェス『全感覚祭』大阪会場のタイムテーブル発表