ニュース

ソニーの電子ペーパー腕時計「FES Watch U」 森永邦彦、長場雄らとコラボ

「FES Watch U」イメージビジュアル
「FES Watch U」イメージビジュアル

ソニーによるディスプレイウォッチ「FES Watch U」が本日6月12日から正式販売される。

ソニーの新規事業創出プログラムから生まれた社内ベンチャー「Fashion Entertainments」が手掛ける「FES Watch U」は、電子ペーパー搭載の腕時計「FES Watch」の第2弾プロダクト。プリインストールされた12種のデザインから柄を選択して、文字盤やベルトのデザインを切り替えられるほか、専用のスマートフォンアプリ「FES Closet」と連携することで、スマートフォンで撮影した写真やライブラリの画像を取り込んでオリジナルのデザインを作成することができる。

発売を記念して「TOKYO MONOCHROME」をテーマにしたキャンペーンが本日からスタート。「モノクロ表現」に着目し、東京をベースにしたクリエイター10人とコラボレーションしたデザインが公開されるほか、参加クリエイターのインタビューなどを収めたZINEが商品の取扱店舗で配布される。

コラボレーションの第1弾作家は井上嗣也、森永邦彦(ANREALAGE)、書道家の万美。彼らが手掛けたオリジナルデザインを「FES Closet」で無料ダウンロードできる。7月以降も参加クリエイターが増えていく予定となり、今後は長場雄、エドツワキ、堀川達郎(JULIUS)、DJ DARUMAによるデザインが順次公開される。

「FES Watch U」イメージビジュアル
「FES Watch U」イメージビジュアル
「FES Watch U」イメージビジュアル
「FES Watch U」イメージビジュアル
「FES Watch U」イメージビジュアル
「FES Watch U」イメージビジュアル
「TOKYO MONOCHROME」ZINEイメージビジュアル
「TOKYO MONOCHROME」ZINEイメージビジュアル
画像を拡大する(27枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

BIM“Wink”

BIMの新作『NOT BUSY』より“Wink”の映像が公開。ゆるめに結んだネクタイは軽妙洒脱でも、背伸びはしない。どこか冴えない繰り返しのなかで<だって俺らの本番はきっとこれから>と、吹っ切れなさもそのままラップして次へ。BIMの現在進行形のかっこよさと人懐っこさがトレースされたようなGIFアニメが最高にチャーミング。(山元)

  1. 『マッドマックス 怒りのデス・ロード』 時代を先取りした画期的作品 1

    『マッドマックス 怒りのデス・ロード』 時代を先取りした画期的作品

  2. 坂口恭平の権力への抵抗。音楽は記憶を思い出させ人を治療する 2

    坂口恭平の権力への抵抗。音楽は記憶を思い出させ人を治療する

  3. 能町みね子が『ヨコトリ』で考えた、わからない物事との対峙 3

    能町みね子が『ヨコトリ』で考えた、わからない物事との対峙

  4. 『鬼滅の刃』劇場版公開記念集英社連合企画、20誌それぞれにオリジナル付録 4

    『鬼滅の刃』劇場版公開記念集英社連合企画、20誌それぞれにオリジナル付録

  5. ラブリーサマーちゃん、真摯さを胸に語る ノイジーな世界に調和を 5

    ラブリーサマーちゃん、真摯さを胸に語る ノイジーな世界に調和を

  6. King Gnuが日本初の「レッドブル・アーティスト」に 「Go Louder」始動 6

    King Gnuが日本初の「レッドブル・アーティスト」に 「Go Louder」始動

  7. 柳楽優弥、三浦春馬、有村架純が戦時下の若者役 映画『太陽の子』来年公開 7

    柳楽優弥、三浦春馬、有村架純が戦時下の若者役 映画『太陽の子』来年公開

  8. 勝井祐二と山本精一が語る 踊るという文化とROVOが瀕する転換点 8

    勝井祐二と山本精一が語る 踊るという文化とROVOが瀕する転換点

  9. 暮らしと仕事と遊びとアート。すべてを越えて繋がる東東京の生活 9

    暮らしと仕事と遊びとアート。すべてを越えて繋がる東東京の生活

  10. 小栗旬×星野源、野木亜紀子脚本の映画『罪の声』場面写真一挙公開 10

    小栗旬×星野源、野木亜紀子脚本の映画『罪の声』場面写真一挙公開