ニュース

『芥川賞』『直木賞』候補発表 今村夏子、宮内悠介、柚木麻子ら

『第157回芥川龍之介賞』および『第157回直木三十五賞』の候補作品が発表された。

『芥川賞』候補に選ばれたのは、今村夏子『星の子』、温又柔『真ん中の子どもたち』、沼田真佑『影裏』、古川真人『四時過ぎの船』の4作品。今村と古川は2度目の候補選出、温と沼田は初選出となる。

『直木賞』の候補は木下昌輝『敵の名は、宮本武蔵』、佐藤巖太郎『会津執権の栄誉』、佐藤正午『月の満ち欠け』、宮内悠介『あとは野となれ大和撫子』、柚木麻子『BUTTER』の5作品。柚木は4度目、宮内は3度目の候補選出となる。

選考会は7月19日17:00から東京・築地の新喜楽で開催される。

柚木麻子『BUTTER』(新潮社)表紙
柚木麻子『BUTTER』(新潮社)表紙
宮内悠介『あとは野となれ大和撫子』(KADOKAWA)表紙
宮内悠介『あとは野となれ大和撫子』(KADOKAWA)表紙
画像を拡大する(2枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

シャムキャッツ“Four O'clock Flower”

ただシャムキャッツの四人がフラットに存在して、音楽を鳴らしている。過剰な演出を排し、平熱の映像で、淡々とバンドの姿を切り取ったPVにとにかく痺れる。撮影は写真家の伊丹豪。友情や愛情のような「時が経っても色褪せない想い」を歌ったこの曲に、この映像というのはなんともニクい。(山元)