『芥川賞』『直木賞』候補発表 今村夏子、宮内悠介、柚木麻子ら

『第157回芥川龍之介賞』および『第157回直木三十五賞』の候補作品が発表された。

『芥川賞』候補に選ばれたのは、今村夏子『星の子』、温又柔『真ん中の子どもたち』、沼田真佑『影裏』、古川真人『四時過ぎの船』の4作品。今村と古川は2度目の候補選出、温と沼田は初選出となる。

『直木賞』の候補は木下昌輝『敵の名は、宮本武蔵』、佐藤巖太郎『会津執権の栄誉』、佐藤正午『月の満ち欠け』、宮内悠介『あとは野となれ大和撫子』、柚木麻子『BUTTER』の5作品。柚木は4度目、宮内は3度目の候補選出となる。

選考会は7月19日17:00から東京・築地の新喜楽で開催される。

詳細情報

『第157回芥川龍之介賞』候補作品

今村夏子『星の子』(『小説トリッパー』春号) 温又柔『真ん中の子どもたち』(『すばる』4月号) 沼田真佑『影裏』(『文學界』5月号) 古川真人『四時過ぎの船』(『新潮』6月号)
詳細情報

『第157回直木三十五賞』候補作品

木下昌輝『敵の名は、宮本武蔵』(KADOKAWA) 佐藤巖太郎『会津執権の栄誉』(文藝春秋) 佐藤正午『月の満ち欠け』(岩波書店) 宮内悠介『あとは野となれ大和撫子』(KADOKAWA) 柚木麻子『BUTTER』(新潮社)
  • HOME
  • Book
  • 『芥川賞』『直木賞』候補発表 今村夏子、宮内悠介、柚木麻子ら

Special Feature

メタ・サピエンス──デジタルとリアルが溶け合う世界を探究する

デジタルとリアルが融合する世界。世界はどう変化し、人々はどう進化するのだろうか?私たちはその進化した存在を「メタ・サピエンス」と名づけ、「Humanity - 人類の進化」「Life - 生活・文化の進化」「Society - 社会基盤の進化」の3つの視点からメタ・サピエンスの行動原理を探究していく。

詳しくみる

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて