北斎とモネ、ゴッホらの共演、国立西洋美術館で『北斎とジャポニスム』

展覧会『北斎とジャポニスム HOKUSAIが西洋に与えた衝撃』が、10月21日から東京・上野の国立西洋美術館で開催される。

同展では、江戸時代後期を代表する浮世絵師・葛飾北斎の作品と、19世紀後半にフランスを中心に起こった「ジャポニスム」の影響を受けたとされる作家の作品をあわせて展示。

出展作家には葛飾北斎をはじめクロード・モネ、エドガー・ドガ、ポール・セザンヌ、フィンセント・ファン・ゴッホ、ポール・ゴーギャン、メアリー・カサット、カミーユ・ピサロ、ジョルジュ・スーラ、ピエール・ボナールらが名を連ねている。

出展作品は北斎の作品が約90点、西洋の作家の作品が約200点を予定。会期中には展示替えが行なわれる。展覧会監修者を、ジャポニスム学会会長で国立西洋美術館館長の馬渕明子が務めている。

イベント情報

『北斎とジャポニスム HOKUSAIが西洋に与えた衝撃』

2017年10月21日(土)~2018年1月28日(日) 会場:東京都 上野 国立西洋美術館
時間:9:30~17:30(金、土曜は20:00まで、11月18日は17:30まで、入館は閉館の30分前まで) 休館日:月曜(1月8日は開館)、12月28日~1月1日、1月9日 料金:一般1,600円 大学生1,200円 高校生800円 ※中学生以下無料

関連リンク

  • HOME
  • Art/Design
  • 北斎とモネ、ゴッホらの共演、国立西洋美術館で『北斎とジャポニスム』

Special Feature

Habitable World──これからの「文化的な生活」

気候変動や環境破壊の進行によって、人間の暮らしや生態系が脅威に晒されているなか、これからの「文化的な生活」のあり方とはどういうものなのだろうか?
すでに行動している人々に学びながら、これからの暮らしを考える。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて