『六本木アートナイト』メイン作家は蜷川実花 テーマは「未来ノマツリ」

9月30日と10月1日に東京・六本木で開催されるアートイベント『六本木アートナイト2017』の詳細が発表された。

2009年から開催されている『六本木アートナイト』。今年は「未来ノマツリ」をテーマに据え、メインプログラムのアーティストには写真家の蜷川実花が起用された。蜷川実花はテーマと関連した複数のインスタレーションを六本木ヒルズアリーナなどで展開する予定だ。

さらに初の試みとして、東南アジアのアーティストや東南アジアにゆかりのある日本人アーティストを招聘して作品を制作・発表するプロジェクト「東南アジア・プロジェクト」が始動。「祭」をテーマに地域のコミュニティーと協働して制作に取り組み、『六本木アートナイト2017』の当日に作品を発表する。参加アーティストには国立奥多摩美術館、タイのナウィン・ラワンチャイクン、フィリピンのNeo Angono Artist Collectiveが名を連ねている。

また今回の発表とあわせてメインビジュアルが公開。ビジュアルはgroovisionsが手掛けた。

イベント情報

『六本木アートナイト2017』

2017年9月30日(土)、10月1日(日) 会場:東京都 六本木 六本木ヒルズ、森美術館、東京ミッドタウン、サントリー美術館、21_21 DESIGN SIGHT、国立新美術館、六本木商店街、六本木地区の協力施設や公共スペース 料金:無料(一部のプログラムおよび美術館企画展は有料)
  • HOME
  • Art,Design
  • 『六本木アートナイト』メイン作家は蜷川実花 テーマは「未来ノマツリ」

Special Feature

メタ・サピエンス──デジタルとリアルが溶け合う世界を探究する

デジタルとリアルが融合する世界。世界はどう変化し、人々はどう進化するのだろうか?私たちはその進化した存在を「メタ・サピエンス」と名づけ、「Humanity - 人類の進化」「Life - 生活・文化の進化」「Society - 社会基盤の進化」の3つの視点からメタ・サピエンスの行動原理を探究していく。

詳しくみる

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて