ニュース

『六本木アートナイト』メイン作家は蜷川実花 テーマは「未来ノマツリ」

左から『六本木アートナイト2017』メインビジュアル Photo by Mika Ninagawa、蜷川実花、Neo Angono Artist Collective『Angono Higantes, Big and Small』 photo credit: photo walk Philippines/whatsnewph.com
左から『六本木アートナイト2017』メインビジュアル Photo by Mika Ninagawa、蜷川実花、Neo Angono Artist Collective『Angono Higantes, Big and Small』 photo credit: photo walk Philippines/whatsnewph.com

9月30日と10月1日に東京・六本木で開催されるアートイベント『六本木アートナイト2017』の詳細が発表された。

2009年から開催されている『六本木アートナイト』。今年は「未来ノマツリ」をテーマに据え、メインプログラムのアーティストには写真家の蜷川実花が起用された。蜷川実花はテーマと関連した複数のインスタレーションを六本木ヒルズアリーナなどで展開する予定だ。

さらに初の試みとして、東南アジアのアーティストや東南アジアにゆかりのある日本人アーティストを招聘して作品を制作・発表するプロジェクト「東南アジア・プロジェクト」が始動。「祭」をテーマに地域のコミュニティーと協働して制作に取り組み、『六本木アートナイト2017』の当日に作品を発表する。参加アーティストには国立奥多摩美術館、タイのナウィン・ラワンチャイクン、フィリピンのNeo Angono Artist Collectiveが名を連ねている。

また今回の発表とあわせてメインビジュアルが公開。ビジュアルはgroovisionsが手掛けた。

『六本木アートナイト』ロゴ
『六本木アートナイト』ロゴ
画像を拡大する(2枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

BIM“Wink”

BIMの新作『NOT BUSY』より“Wink”の映像が公開。ゆるめに結んだネクタイは軽妙洒脱でも、背伸びはしない。どこか冴えない繰り返しのなかで<だって俺らの本番はきっとこれから>と、吹っ切れなさもそのままラップして次へ。BIMの現在進行形のかっこよさと人懐っこさがトレースされたようなGIFアニメが最高にチャーミング。(山元)

  1. 映画『ミッドサマー』に星野之宣、行定勲、人間食べ食べカエルらがコメント 1

    映画『ミッドサマー』に星野之宣、行定勲、人間食べ食べカエルらがコメント

  2. 『リメンバー・ミー』が金ローで放送。歌が繋ぐ家族と「記憶」 2

    『リメンバー・ミー』が金ローで放送。歌が繋ぐ家族と「記憶」

  3. 綾瀬はるか、妻夫木聡、藤原竜也、深田恭子ら12人が「じゃんけんグリコ」 3

    綾瀬はるか、妻夫木聡、藤原竜也、深田恭子ら12人が「じゃんけんグリコ」

  4. 橋本環奈の瞳をカラコンで再現 ロート製薬エマーブル新企画「環奈Eye」 4

    橋本環奈の瞳をカラコンで再現 ロート製薬エマーブル新企画「環奈Eye」

  5. 剣心・佐藤健と縁・新田真剣佑が睨み合う『るろうに剣心 最終章』特報公開 5

    剣心・佐藤健と縁・新田真剣佑が睨み合う『るろうに剣心 最終章』特報公開

  6. スタジオジブリレコーズがサブスク解禁 サントラ23作含む38作を一挙配信 6

    スタジオジブリレコーズがサブスク解禁 サントラ23作含む38作を一挙配信

  7. 『映像研には手を出すな!』実写ドラマ化、4月放送 映画版は5月15日公開 7

    『映像研には手を出すな!』実写ドラマ化、4月放送 映画版は5月15日公開

  8. シェア社会に疲れた入江陽が別府・鉄輪で感じた秘密基地の豊かさ 8

    シェア社会に疲れた入江陽が別府・鉄輪で感じた秘密基地の豊かさ

  9. 菊地成孔が渋谷PARCOでお買い物。買うことは、生きている実感 9

    菊地成孔が渋谷PARCOでお買い物。買うことは、生きている実感

  10. 折坂悠太とカネコアヤノの再会の記録 「歌」に注ぐ眼差しの違い 10

    折坂悠太とカネコアヤノの再会の記録 「歌」に注ぐ眼差しの違い