ニュース

『六本木アートナイト』メイン作家は蜷川実花 テーマは「未来ノマツリ」

左から『六本木アートナイト2017』メインビジュアル Photo by Mika Ninagawa、蜷川実花、Neo Angono Artist Collective『Angono Higantes, Big and Small』 photo credit: photo walk Philippines/whatsnewph.com
左から『六本木アートナイト2017』メインビジュアル Photo by Mika Ninagawa、蜷川実花、Neo Angono Artist Collective『Angono Higantes, Big and Small』 photo credit: photo walk Philippines/whatsnewph.com

9月30日と10月1日に東京・六本木で開催されるアートイベント『六本木アートナイト2017』の詳細が発表された。

2009年から開催されている『六本木アートナイト』。今年は「未来ノマツリ」をテーマに据え、メインプログラムのアーティストには写真家の蜷川実花が起用された。蜷川実花はテーマと関連した複数のインスタレーションを六本木ヒルズアリーナなどで展開する予定だ。

さらに初の試みとして、東南アジアのアーティストや東南アジアにゆかりのある日本人アーティストを招聘して作品を制作・発表するプロジェクト「東南アジア・プロジェクト」が始動。「祭」をテーマに地域のコミュニティーと協働して制作に取り組み、『六本木アートナイト2017』の当日に作品を発表する。参加アーティストには国立奥多摩美術館、タイのナウィン・ラワンチャイクン、フィリピンのNeo Angono Artist Collectiveが名を連ねている。

また今回の発表とあわせてメインビジュアルが公開。ビジュアルはgroovisionsが手掛けた。

『六本木アートナイト』ロゴ
『六本木アートナイト』ロゴ
画像を拡大する(2枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

yahyel“TAO”

音楽と映像、そしてその相互作用によって完成するyahyelの芸術表現が完全に別次元に突入したことを証明するミュージックビデオ。クライムムービーとそのサントラのような緊迫感に終始ゾクゾクする。一体いつ寝てるんですかと聞きたくなるが、監督はもちろん山田健人。「崇高」という言葉を使いたくなるほどの表現としての気高さに痺れる。(山元)

  1. 安室奈美恵の引退日に1回限りのCM放送 安室の「笑顔」集めた60秒映像 1

    安室奈美恵の引退日に1回限りのCM放送 安室の「笑顔」集めた60秒映像

  2. 大野智がNHK『LIFE!』でダンス披露 『嵐にしやがれ』とのコラボ企画 2

    大野智がNHK『LIFE!』でダンス披露 『嵐にしやがれ』とのコラボ企画

  3. 三島由紀夫作の舞台『熱帯樹』に林遣都、岡本玲ら 演出は小川絵梨子 3

    三島由紀夫作の舞台『熱帯樹』に林遣都、岡本玲ら 演出は小川絵梨子

  4. TOSHI-LOWとフェス。アーティスト兼主催者目線で、現状を語る 4

    TOSHI-LOWとフェス。アーティスト兼主催者目線で、現状を語る

  5. 『ULTRA JAPAN 2018』開催。日本におけるEDM人気の立役者が5周年 5

    『ULTRA JAPAN 2018』開催。日本におけるEDM人気の立役者が5周年

  6. 渡辺あや脚本『ワンダーウォール』、静かに話題呼ぶ京都発ドラマ地上波再放送 6

    渡辺あや脚本『ワンダーウォール』、静かに話題呼ぶ京都発ドラマ地上波再放送

  7. 安室奈美恵の1994年からの歴代CM45本を一挙公開 AbemaTVの生放送特番 7

    安室奈美恵の1994年からの歴代CM45本を一挙公開 AbemaTVの生放送特番

  8. 平手友梨奈の「予測不可能」な生き様。初主演映画『響 -HIBIKI-』が公開 8

    平手友梨奈の「予測不可能」な生き様。初主演映画『響 -HIBIKI-』が公開

  9. 崎山蒼志が戸惑い混じりに語る、『日村がゆく』以降の喧騒の日々 9

    崎山蒼志が戸惑い混じりに語る、『日村がゆく』以降の喧騒の日々

  10. Amazon.co.jpが音楽イベントのストリーミング配信を開始。その狙いを訊く 10

    Amazon.co.jpが音楽イベントのストリーミング配信を開始。その狙いを訊く