ニュース

中村雅俊の54枚目のシングルは両A面 コンサート1500回突破記念ライブも

中村雅俊
中村雅俊

中村雅俊のニューシングル『どこへ時が流れても / まだ僕にできることがあるだろう』が9月13日にリリースされる。

中村雅俊にとって54枚目のシングルとなる同作。両A面シングルとなり、収録曲“どこへ時が流れても”“まだ僕にできることがあるだろう”は共に東建コーポレーションのイメージソングに起用されている。“どこへ時が流れても”は作詞を松井五郎、作曲を都志見隆、“まだ僕にできることがあるだろう”は作詞を松井と福原充則、作曲を都志見が担当。同作について中村は「歌いながら自分をも励ますような、そんな気持ちになれる大人の応援歌が出来たと思います」とコメントしている。付属のDVDには、昨年に東京・中野サンプラザホールで行なわれたコンサートから選出された13曲を収録。

また中村雅俊はデビューの1974年から毎年コンサートツアーを開催しており、今年のツアー中にコンサート回数が1500回を突破。12月2日には、1501回目の公演『東建コーポレーション Presents 中村雅俊コンサートツアー2017~18「ON and ON」』を中野サンプラザホールで開催する。チケットの一般発売は9月2日からスタート。中村はコンサートが1500回を突破することについて、「みなさんにここまで応援していただいたことに感謝をしています。コンサートはやれるところまで全力で続けていきたい」と述べている。

中村雅俊のコメント

楽曲について
「どこへ時が流れても」変わる事のない大切なものが誰しもあるかと思います。その大切なものを守りながら、「いま」を懸命に生きる人の背中をそっと押してあげれるような、そんな優しくも力強い曲に出会いました。歌いながら自分をも励ますような、そんな気持ちになれる大人の応援歌が出来たと思います。これからも夢を追いかけながら、「いま」を歩き続けて行きたいと思います。

コンサート1500回突破について
コンサートツアーは自分独りがやりたいと言ってできるものではないです。スタッフがいて、何よりお客さんのニーズがあって初めて成り立つもの。みなさんにここまで応援していただいたことに感謝をしています。コンサートはやれるところまで全力で続けていきたい。

中村雅俊『どこへ時が流れても / まだ僕にできることがあるだろう』収録内容

[CD]
1. どこへ時が流れても
2. まだ僕にできることがあるだろう
3. どこへ時が流れても カラオケ
4. まだ僕にできることがあるだろう カラオケ
[DVD]
『中村雅俊コンサート「L-O-V-E」2016年12月3日 中野サンプラザホール』
1. 時代遅れの恋人たち
2. さらば涙…風の彼方に
3. 花になろう
4. 俺たちの旅
5. ふれあい
6. 心の色
7. 恋人も濡れる街角
8. 想い出のクリフサイド・ホテル
9. 70年代
10. 滑走
11. いつか街で会ったなら
12. はじめての空
13. ならば風と行け

中村雅俊『どこへ時が流れても / まだ僕にできることがあるだろう』(CD+DVD)ジャケット
中村雅俊『どこへ時が流れても / まだ僕にできることがあるだろう』(CD+DVD)ジャケット
中村雅俊『どこへ時が流れても / まだ僕にできることがあるだろう』(CD)ジャケット
中村雅俊『どこへ時が流れても / まだ僕にできることがあるだろう』(CD)ジャケット
画像を拡大する(5枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

yahyel“TAO”

音楽と映像、そしてその相互作用によって完成するyahyelの芸術表現が完全に別次元に突入したことを証明するミュージックビデオ。クライムムービーとそのサントラのような緊迫感に終始ゾクゾクする。一体いつ寝てるんですかと聞きたくなるが、監督はもちろん山田健人。「崇高」という言葉を使いたくなるほどの表現としての気高さに痺れる。(山元)

  1. 安室奈美恵の引退日に1回限りのCM放送 安室の「笑顔」集めた60秒映像 1

    安室奈美恵の引退日に1回限りのCM放送 安室の「笑顔」集めた60秒映像

  2. 大野智がNHK『LIFE!』でダンス披露 『嵐にしやがれ』とのコラボ企画 2

    大野智がNHK『LIFE!』でダンス披露 『嵐にしやがれ』とのコラボ企画

  3. 三島由紀夫作の舞台『熱帯樹』に林遣都、岡本玲ら 演出は小川絵梨子 3

    三島由紀夫作の舞台『熱帯樹』に林遣都、岡本玲ら 演出は小川絵梨子

  4. TOSHI-LOWとフェス。アーティスト兼主催者目線で、現状を語る 4

    TOSHI-LOWとフェス。アーティスト兼主催者目線で、現状を語る

  5. 『ULTRA JAPAN 2018』開催。日本におけるEDM人気の立役者が5周年 5

    『ULTRA JAPAN 2018』開催。日本におけるEDM人気の立役者が5周年

  6. 渡辺あや脚本『ワンダーウォール』、静かに話題呼ぶ京都発ドラマ地上波再放送 6

    渡辺あや脚本『ワンダーウォール』、静かに話題呼ぶ京都発ドラマ地上波再放送

  7. 安室奈美恵の1994年からの歴代CM45本を一挙公開 AbemaTVの生放送特番 7

    安室奈美恵の1994年からの歴代CM45本を一挙公開 AbemaTVの生放送特番

  8. 平手友梨奈の「予測不可能」な生き様。初主演映画『響 -HIBIKI-』が公開 8

    平手友梨奈の「予測不可能」な生き様。初主演映画『響 -HIBIKI-』が公開

  9. 崎山蒼志が戸惑い混じりに語る、『日村がゆく』以降の喧騒の日々 9

    崎山蒼志が戸惑い混じりに語る、『日村がゆく』以降の喧騒の日々

  10. Amazon.co.jpが音楽イベントのストリーミング配信を開始。その狙いを訊く 10

    Amazon.co.jpが音楽イベントのストリーミング配信を開始。その狙いを訊く