『MdN』に176ページの漫画雑誌が付属 齋藤飛鳥、BiSH、最果タヒら参加

特集記事「マンガ雑誌をMdNがつくってみた!」が、8月5日発売の『MdN2017年9月号』に掲載される。

『MdN2017年9月号』には、漫画雑誌の魅力や制作の裏側を伝えるために『MdN』が制作した176ページの漫画雑誌『COMIC MdN』が付属。特集記事では『COMIC MdN』の企画意図や、表紙の制作過程、作家の原稿チェックの様子、宣伝方法などが紹介される。

『COMIC MdN』の表紙および巻頭グラビア第1弾には、齋藤飛鳥(乃木坂46)を起用。齋藤と、映画『ワンダーウーマン』、漫画家・中田春彌による『ワンダーウーマン』をモチーフにした作品とのコラボビジュアルが掲載される。巻頭グラビア第2弾には「BiSHの夏休み」としてBiSHメンバーの写真を用いたビジュアル漫画を収録。背景のイラストはアニメーション作家・イラストレーターのぬQが手掛けた。両グラビア共に撮影の現場レポートも掲載。

さらに、イラストレーターloundrawが『COMIC MdN』のために描き下ろしたイラストに、詩人・小説家の最果タヒが詩を付けたコラボ作品4編を収録。また掲載漫画には、秋屋蜻一『アスタリウム旅行記』、JUN OSON『THE ASKING.』、北澤平祐『ローカル』、Bahi JD『地球のマグノリア』、はしのちづこ『業務用スーパー歌舞伎』、爽々『今日の香りは』、結城紫雄原作、うとまる作画による『DNI(DEAD NIPPON ISLAND)』、サヌキナオヤ『CALM AND QUIET』、北村みなみ『13日のフライデーナイト』、PALOW.『機の森と塔の国の兄弟』の10本がラインナップしている。

書籍情報
  • HOME
  • Book
  • 『MdN』に176ページの漫画雑誌が付属 齋藤飛鳥、BiSH、最果タヒら参加

Special Feature

coe──未来世代のちいさな声から兆しをつくる

ダイバーシティーやインクルージョンという言葉が浸透し、SDGsなど社会課題の解決を目指す取り組みが進む。しかし、個人のちいさな声はどうしても取りこぼされてしまいがちだ。いまこの瞬間も、たくさんの子どもや若者たちが真剣な悩みやコンプレックス、生きづらさを抱えながら、毎日を生きている。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて