ニュース

Kelelaの初アルバム『Take Me Apart』10月発売 日本盤に初CD化音源

Kelela『Take Me Apart』ジャケット
Kelela『Take Me Apart』ジャケット

Kelelaのデビューアルバム『Take Me Apart』が10月6日にリリースされる。

2013年にロサンゼルスのレーベルFade to Mindから発表されたミックステープ『Cut 4 Me』で注目集めたシンガー・Kelela。2015年にはEP『Hallucinogen』をリリースしたほか、Solange『A Seat At The Table』、ダニー・ブラウン『Atrocity Exhibition』、Gorillaz『Humanz』などの作品に参加するなど、多くのアーティストとコラボレーションも行なっている。

初のアルバムとなる『Take Me Apart』はWarp Recordsからリリース。日本盤にはArcaがプロデュースした“A Message”と、Fade to Mindの主宰Kingdomや、Girl Unit、Obey Cityらがプロデュースした“Rewind”がボーナストラックとして収められる。両曲がCDに収められるのは今回が初。

今回の発表とあわせて収録曲“LMK”のPVが公開。PVの監督はBjorkのコラボレーターとしても知られるアンドリュー・トーマス・ホワンが手掛けた。

Kelelaは同作について「このアルバムは個人的な記録だけど、わたしのアイデンティティの政治的な背景が、どんな音にするとか、わたしの脆さや強さをどう表現するのかということを特徴づけているの。わたしは黒人女性で、エチオピア系アメリカ人の移民二世で、R&Bやジャズやビョークを聴いて郊外で育った。そういったすべてが、いろいろなところに表れているわ」とコメントしている。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

蓮沼執太&ユザーン“ベーグル”

今年5月15日に渋谷WWWで開催された『蓮沼執太&ユザーン プレイ・ツートーン』で初演された“ベーグル”。当初はこのイベントのみの披露予定で作られたものだったが「もう一度聞きたい」という強いリクエストにより録音、今回のPV公開となった。ハドソン川や公園、デリなど、NY・ブルックリンの日常風景が心地よい。(宮原)