ニュース

スカートがポニーキャニオンからメジャーデビュー 10月にアルバム『20/20』

スカート
スカート

スカートがポニーキャニオンからメジャーデビューすることを発表。10月18日にメジャー1stアルバム『20/20』をリリースする。

澤部渡によるソロプロジェクト・スカート。2006年に活動を開始し、2010年には自身のレーベル・カチュカサウンズを立ち上げて1stアルバム『エス・オー・エス』を発表した。

メジャーデビュー作となる『20/20』には、シングル曲“静かな夜がいい”や、『山田孝之のカンヌ映画祭』のエンディングテーマ“ランプトン”、映画『PARKS パークス』の挿入歌“離れて暮らす二人のために”を含む全11曲を収録。CDのみでのリリースとなる。

あわせて同作のリリースツアー『20/20 VISIONS TOUR』の開催を発表。各地でゲストを迎えるツーマンツアーとなり、10月21日の愛知・名古屋TOKUZO公演を皮切りに全国7か所を巡る。チケットの抽選先行予約は8月27日まで受付中。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

シャムキャッツ“Four O'clock Flower”

ただシャムキャッツの四人がフラットに存在して、音楽を鳴らしている。過剰な演出を排し、平熱の映像で、淡々とバンドの姿を切り取ったPVにとにかく痺れる。撮影は写真家の伊丹豪。友情や愛情のような「時が経っても色褪せない想い」を歌ったこの曲に、この映像というのはなんともニクい。(山元)