ニュース

日暮愛葉の約8年ぶりソロアルバム『YOUTH』11月発売 京都と東京でレコ発も

日暮愛葉『YOUTH』ジャケット
日暮愛葉『YOUTH』ジャケット

日暮愛葉(Seagull Screaming Kiss Her Kiss Her)のニューアルバム『YOUTH』が11月8日にリリースされる。

日暮愛葉にとって約8年ぶりのソロアルバムとなる同作には全10曲を収録。アレンジとプログラミングにオータケコーハン(LAGITAGIDA、sajjanu、あらかじめ決められた恋人たちへ)を迎え、全て日暮の自宅スタジオで録音された宅録作品となる。アートワークは井口弘史、ジャケット撮影はアカセユキが担当。今回の発表とあわせて映像創作ユニット・ピンクじゃなくてもが制作した“Color me”のPVが公開された。

またアルバムリリースに伴い、11月25日に京都・二条のSOLE CAFE、12月2日に東京・下北沢の風知空知で発売記念ライブ『Sad Dream』を開催。京都公演には五味岳久(LOSTAGE)、東京公演には木下理樹(ART-SCHOOL)が出演する。チケットの予約は現在受付中。詳細は日暮愛葉のオフィシャルサイトで確認しよう。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

シャムキャッツ“Four O'clock Flower”

ただシャムキャッツの四人がフラットに存在して、音楽を鳴らしている。過剰な演出を排し、平熱の映像で、淡々とバンドの姿を切り取ったPVにとにかく痺れる。撮影は写真家の伊丹豪。友情や愛情のような「時が経っても色褪せない想い」を歌ったこの曲に、この映像というのはなんともニクい。(山元)