ニュース

『第17回グラフィック「1_WALL」展』に6作家、次世代担う作家を発掘

『第17回グラフィック「1_WALL」展』が、10月3日から東京・銀座のガーディアン・ガーデンで開催される。

同展は、グラフィック界の次世代を担う若手を発掘するコンペティション『グラフィック「1_WALL」』のファイナリスト6人によるグループ展。1年後の個展開催と制作費、パンフレット制作の権利をかけて1人1壁面を使って作品を発表する。

出展作家は、変な世界をテーマに、イラストレーションと漫画を描く綾野本汰、食べ物をキャタクター化したフィギュアを制作する神廣和花、単純な物体の構成を透明なフィルムに描くカワイハルナ、散歩中に見た景色を日本画の技法を使って描く並木夏海、独創的なビンゴカードを展示する山本悠、自分の部屋を描くユンボムの6組。

審査員は川上恵莉子、菊地敦己、白根ゆたんぽ、大日本タイポ組合、都築潤。会期中の10月5日は、一般見学者にも公開される最終審査会を開催し、グランプリを決定する。審査会見学の予約は現在受付中。詳細はガーディアン・ガーデンのオフィシャルサイトで確認しよう。

『第17回グラフィック「1_WALL」展』ビジュアル
『第17回グラフィック「1_WALL」展』ビジュアル
綾野本汰作品
綾野本汰作品
神廣和花作品
神廣和花作品
カワイハルナ作品
カワイハルナ作品
画像を拡大する(7枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

シャムキャッツ“Four O'clock Flower”

ただシャムキャッツの四人がフラットに存在して、音楽を鳴らしている。過剰な演出を排し、平熱の映像で、淡々とバンドの姿を切り取ったPVにとにかく痺れる。撮影は写真家の伊丹豪。友情や愛情のような「時が経っても色褪せない想い」を歌ったこの曲に、この映像というのはなんともニクい。(山元)