ニュース

蓮實重彦特集の『ユリイカ』増刊号に黒沢清、青山真治、川上弘美ら

蓮實重彦を特集する『ユリイカ2017年10月臨時増刊号 総特集=蓮實重彥』が、9月12日に刊行される。

1997年から2001年まで東大総長を務め、2016年には小説『伯爵夫人』で『第29回三島由紀夫賞』を受賞した批評家の蓮實重彦。同特集では蓮實重彦へのロングインタビュー「『そんなことできるの?』と誰かに言われたら『今度やります』と答えればいいのです」や、黒沢清、万田邦敏、青山真治による座談会「蓮實重彦と映画の誘惑――<事件の現場>から」を収録する。また寄稿者には映画監督の周防正行、塩田明彦、中田秀夫、堀禎一、映画プロデューサーの市山尚三、作家の川上弘美、磯﨑憲一郎、詩人の天沢退二郎らが名を連ねている。

また蓮實重彦による「エドゥワール・デュ・コペェ氏の行動の記録」を再録するほか、三浦哲哉と入江哲朗作成の「平成生まれの読者のための蓮實重彦ブックガイド」も掲載する。

『ユリイカ2017年10月臨時増刊号 総特集=蓮實重彥』表紙
『ユリイカ2017年10月臨時増刊号 総特集=蓮實重彥』表紙
画像を拡大する(1枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

Dos Monos“Clean Ya Nerves (Cleopatra)”

トラックが持つドロドロとした不穏さを映像で表現したのは、『南瓜とマヨネーズ』などで知られる映画監督の冨永昌敬。ストリートを舞台にしたノワール劇のよう。ゲストで出演している姫乃たまのラストに示す怪しい動作が、見る人間の脳内にこびりつく。(久野)

  1. アジカン後藤と関和亮が語り合う、ゆとりなき今の社会に思うこと 1

    アジカン後藤と関和亮が語り合う、ゆとりなき今の社会に思うこと

  2. 『おっさんずラブ』映画化決定、2019年夏公開 田中圭が喜びのコメント 2

    『おっさんずラブ』映画化決定、2019年夏公開 田中圭が喜びのコメント

  3. ねごと×chelmicoが語る、「ガールズ」の肩書きはいらない 3

    ねごと×chelmicoが語る、「ガールズ」の肩書きはいらない

  4. SEKAI NO OWARIの新アルバム『Eye』『Lip』同時発売、ツアー&海外盤も 4

    SEKAI NO OWARIの新アルバム『Eye』『Lip』同時発売、ツアー&海外盤も

  5. 『アベンジャーズ/エンドゲーム(原題)』は4月に日米同時公開、予告編も 5

    『アベンジャーズ/エンドゲーム(原題)』は4月に日米同時公開、予告編も

  6. 斎藤工主演『麻雀放浪記2020』がマカオ国際映画祭出品中止、過激な内容で 6

    斎藤工主演『麻雀放浪記2020』がマカオ国際映画祭出品中止、過激な内容で

  7. 「マニアック女子」の部屋と部屋主を撮影、川本史織の写真展『堕楽部屋』 7

    「マニアック女子」の部屋と部屋主を撮影、川本史織の写真展『堕楽部屋』

  8. 入場料のある本屋「文喫 六本木」オープン間近、ABC六本木店の跡地に 8

    入場料のある本屋「文喫 六本木」オープン間近、ABC六本木店の跡地に

  9. 上白石萌歌がHY“366日”歌う、井之脇海との恋物語「午後の紅茶」CM完結編 9

    上白石萌歌がHY“366日”歌う、井之脇海との恋物語「午後の紅茶」CM完結編

  10. 大英博物館で日本国外最大規模の「漫画展」。葛飾北斎から東村アキコまで 10

    大英博物館で日本国外最大規模の「漫画展」。葛飾北斎から東村アキコまで