ニュース

「ビンラディン捕獲」に臨む長髪のN・ケイジ 『オレの獲物はビンラディン』

12月16日から東京・シネマート新宿ほか全国で順次公開される映画『オレの獲物はビンラディン』のビジュアルが公開された。

同作は、アメリカを愛するあまり、1人でパキスタンに潜入し「ビンラディン捕獲作戦」に挑んだアメリカ人中年男性ゲイリー・フォークナーを描いた実話コメディー。オサマ・ビンラディン誘拐を企てたとして2010年にパキスタン当局に拘束されたフォークナーをニコラス・ケイジが演じた。メガホンを取ったのは『ボラット 栄光ナル国家カザフスタンのためのアメリカ文化学習』のラリー・チャールズ。脚本はラジヴ・ジョセフとスコット・ロスマン、音楽はデヴィッド・ニューマンが手掛けた。

今回公開されたビジュアルには、「正気じゃないけどとことん本気」というキャッチコピーと共に、肩までかかる長髪に髭を蓄え、日本刀を手にして笑みを浮かべるフォークナーが、歯を剥き出しにしたロバに横乗りしている様子や、口を開いたオサマ・ビンラディンと思われる人物の姿などが写し出されている。

なお同作は9月17日に『第10回したまちコメディ映画祭in台東』でプレミア上映を実施。イベント内ではトークイベント『ニコケイまつりinしたコメ』が行なわれ、ゲストにこがけんと、ナイトウミノワが登壇する。Twitterでは「ニコラス・ケイジ出演作にありがちなこと」を募集中。来場者には、同作の特製うちわのプレゼントを予定しているほか、会場にはニコラス・ケイジの写真と2ショット撮影できる「顔はめパネル」が設置される予定だ。チケットは現在販売中。

『オレの獲物はビンラディン』ビジュアル ©2016 AOO Distribution, LLC. All rights Reserved
『オレの獲物はビンラディン』ビジュアル ©2016 AOO Distribution, LLC. All rights Reserved
画像を拡大する(1枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

シャムキャッツ“Four O'clock Flower”

ただシャムキャッツの四人がフラットに存在して、音楽を鳴らしている。過剰な演出を排し、平熱の映像で、淡々とバンドの姿を切り取ったPVにとにかく痺れる。撮影は写真家の伊丹豪。友情や愛情のような「時が経っても色褪せない想い」を歌ったこの曲に、この映像というのはなんともニクい。(山元)