ニュース

キセル辻村豪文プロデュース mei eharaデビューALがカクバリズムから発売

mei ehara
mei ehara

mei eharaの1stアルバム『Sway』が11月8日にリリースされる。

1991年に生まれたmei eharaは、自主映画のBGM制作がきっかけで宅録を始め、これまでにmay.e名義で5作の自主制作音源を発表してきた。またYogee New Waves、nakayaan(ミツメ)のアルバムにコーラスで参加したほか、文芸誌『園』の主宰、写真やデザインの創作活動なども行なっている。

活動名をmei eharaと改めリリースする同作には、全10曲が収録。プロデュースを辻村豪文(キセル)が手掛け、ゲストコーラス、フルートにmmmが参加してしている。現在、カクバリズムのSoundCloudにて収録曲“戻らない”のショートバージョンが試聴可能だ。

同作について辻村豪文は「meiさんの宅録の塩梅に、なんとなく昔の自分のような親近感を覚えて、何か手伝えるかもと思った次第です」とコメント。演奏で参加した辻村友晴(キセル)は「みなさんのマイベスト棚に並ぶ事間違いなしです!」と語っている。

なおリリース直後の11月11日には、東京・原宿のVACANTでリリースイベントを開催。mei eharaにとって、キセルをバックバンドに迎えた初の編成でのライブとなる。

辻村豪文(キセル)のコメント

meiさんの宅録の塩梅に、なんとなく昔の自分のような親近感を覚えて、何か手伝えるかもと思った次第です。
作るのけっこう大変そうやのに押しつけてくるものが全然なくて、けれど頑にそこにあるという独特な感じが、なんかいいなぁと思ったのも大きいです。
吉と出れば幸いです。
アルバム発売おめでとう!

辻村友晴(キセル)のコメント

記念すべきファーストアルバムに微力ながら参加出来て嬉しいです。
みなさんのマイベスト棚に並ぶ事間違いなしです!

『Sway』完成時の集合写真
『Sway』完成時の集合写真
画像を拡大する(2枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

yahyel“TAO”

音楽と映像、そしてその相互作用によって完成するyahyelの芸術表現が完全に別次元に突入したことを証明するミュージックビデオ。クライムムービーとそのサントラのような緊迫感に終始ゾクゾクする。一体いつ寝てるんですかと聞きたくなるが、監督はもちろん山田健人。「崇高」という言葉を使いたくなるほどの表現としての気高さに痺れる。(山元)

  1. 漫画家・鳥飼茜が浅野いにおとの結婚を報告、日記公開 1

    漫画家・鳥飼茜が浅野いにおとの結婚を報告、日記公開

  2. 『このマンガがすごい!』OP曲はアンジュルム、蒼井優がOP映像で振付披露 2

    『このマンガがすごい!』OP曲はアンジュルム、蒼井優がOP映像で振付披露

  3. 後藤正文主宰only in dreamsのイベント『Gifted』11月開催、第1弾で10組 3

    後藤正文主宰only in dreamsのイベント『Gifted』11月開催、第1弾で10組

  4. 高畑充希主演ドラマ『忘却のサチコ』に温水洋一がゲスト出演&ED曲はedda 4

    高畑充希主演ドラマ『忘却のサチコ』に温水洋一がゲスト出演&ED曲はedda

  5. 勝地涼×澤部佑 深夜の大人向けNHK教育番組『ジミーとふしぎな雑誌たち』 5

    勝地涼×澤部佑 深夜の大人向けNHK教育番組『ジミーとふしぎな雑誌たち』

  6. Corneliusが世界で認められるまで。海外進出のカギは何だった? 6

    Corneliusが世界で認められるまで。海外進出のカギは何だった?

  7. 『新潮45』が休刊、「十分な編集体制を整備しないまま刊行」 7

    『新潮45』が休刊、「十分な編集体制を整備しないまま刊行」

  8. 『フェルメール展』に日本初公開含む9点が来日 『牛乳を注ぐ女』も 8

    『フェルメール展』に日本初公開含む9点が来日 『牛乳を注ぐ女』も

  9. 堀未央奈×清水尋也×板垣瑞生×間宮祥太朗 山戸結希監督『ホットギミック』 9

    堀未央奈×清水尋也×板垣瑞生×間宮祥太朗 山戸結希監督『ホットギミック』

  10. 「女の子は皆めんどくさい」コレサワが伝える、女子の本性と本音 10

    「女の子は皆めんどくさい」コレサワが伝える、女子の本性と本音