ニュース

『花椿』80周年記念の冬号に夏帆、黒柳徹子ら Chara×高橋一生の対談も

『花椿』冬号が10月15日に刊行される。

1937年に創刊した『花椿』の80周年記念号となる同書。「生活美学」「暮らしの芸術」といった意味を持つフランス式のライフスタイル「アール・ド・ヴィーヴル-Art de Vivre」を特集テーマに据える。

「これが私の生きる道」と題したインタビュー記事には、バレエダンサーのオニール八菜と、夏帆、黒柳徹子の3人が登場。また前田征紀(COSMIC WONDER)やジュリアン・クリンスウィックスのインタビューや谷川俊太郎の詩も掲載されるほか、Charaが架空のバーのママに扮する連載「サロン・ド・花椿」には高橋一生が登場し、2人の対談が収められる。別冊付録「花椿文庫」は、山崎まどかが責任編集を務めた「花椿の80年」となる。さらにウェブ花椿では1970年代に『花椿』で連載をしていた黒柳徹子の「黒柳徹子のワン・ポイント対談」「いま、はじめての体験」を再公開する。

なお『花椿』は創刊80周年を記念して、10月5日から東京・天王洲アイルの寺田倉庫で開催される『THE TOKYO ART BOOK FAIR 2017』に特別出展。これまでの『花椿』の表紙を展示するほか、バックナンバーの公開や『花椿』冬号の無料配布が行なわれる。会期中は仲條正義と澁谷克彦と山崎まどか、中里周子と山崎まどかそれぞれによるトークイベントも開催。詳細は『THE TOKYO ART BOOK FAIR 2017』のオフィシャルサイトでチェックしよう。

『花椿』冬号表紙
『花椿』冬号表紙
『花椿』冬号より
『花椿』冬号より
『花椿』冬号より
『花椿』冬号より
『花椿』冬号より
『花椿』冬号より
画像を拡大する(9枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

Nulbarich“Sweet and Sour”

テレビ東京のドラマ『デザイナー 渋井直人の休日』のエンディングテーマ“Sweet and Sour”。2月6日リリース予定の3rdフルアルバム『Blank Envelope』のリード楽曲でもある今作は「偶然の景色」がテーマ。日常の中に偶然生まれたハッとする瞬間を鮮やかに切り取っている。グラフィカルな映像に垣間見える、あたたかな日常を楽しもう。(野々村)

  1. OKAMOTO’Sが大人と少年の間で語る、28歳で迎えた10周年の心境 1

    OKAMOTO’Sが大人と少年の間で語る、28歳で迎えた10周年の心境

  2. 竹内結子主演、異色のリーガルドラマ『QUEEN』。監督は関和亮、音楽も注目 2

    竹内結子主演、異色のリーガルドラマ『QUEEN』。監督は関和亮、音楽も注目

  3. 『十二人の死にたい子どもたち』キャラ&場面写真に橋本環奈、新田真剣佑ら 3

    『十二人の死にたい子どもたち』キャラ&場面写真に橋本環奈、新田真剣佑ら

  4. 柴田聡子がジャコメッティら巨匠から活力をもらう展覧会レポ 4

    柴田聡子がジャコメッティら巨匠から活力をもらう展覧会レポ

  5. 『鈴木敏夫とジブリ展』4月から神田明神で開催、鈴木敏夫の「言葉」に注目 5

    『鈴木敏夫とジブリ展』4月から神田明神で開催、鈴木敏夫の「言葉」に注目

  6. 『乃木坂46 Artworks だいたいぜんぶ展』開催間近、齋藤飛鳥らが訪問&感想 6

    『乃木坂46 Artworks だいたいぜんぶ展』開催間近、齋藤飛鳥らが訪問&感想

  7. 石原さとみが後楽園堪能する東京メトロ新CM 曲はスキマスイッチと矢野まき 7

    石原さとみが後楽園堪能する東京メトロ新CM 曲はスキマスイッチと矢野まき

  8. Spangle call Lilli lineの美学 20年消費されなかった秘密を探る 8

    Spangle call Lilli lineの美学 20年消費されなかった秘密を探る

  9. back numberが深田恭子主演ドラマ『初めて恋をした日に読む話』主題歌 9

    back numberが深田恭子主演ドラマ『初めて恋をした日に読む話』主題歌

  10. 漫画本に囲まれる「眠れないホテル」MANGA ART HOTEL, TOKYOが2月開業 10

    漫画本に囲まれる「眠れないホテル」MANGA ART HOTEL, TOKYOが2月開業