大竹しのぶの新AL『ち・ち・ち』作家陣に鬼龍院翔、松尾スズキ、佐藤良成ら

大竹しのぶのニューアルバム『ち・ち・ち』が、11月22日にリリースされる。

昨年『NHK紅白歌合戦』に初出場し、“愛の讃歌”を披露した大竹しのぶ。『ち・ち・ち』は様々なアーティストが楽曲や歌詞を提供したオリジナルアルバムとなる。

参加アーティストは鬼龍院翔(ゴールデンボンバー)、高橋優、中村中、佐藤良成(ハンバート ハンバート)、松尾スズキ、玉城千春(Kiroro)、山崎まさよし、森山直太朗、御徒町凧ら。大竹しのぶが自ら命名したというアルバムタイトル『ち・ち・ち』は、大竹が女優を始めた頃に先輩に大事にするよう言われた3つの「ち」である知識・知性の「知」、馬鹿になって取り組む姿勢の「痴」、無邪気な好奇心を表す「稚」に由来しているという。

本日10月11日から山崎まさよしが作詞・作曲を手掛けたバラード“願い”が先行配信リリースされている。

大竹しのぶのコメント

楽しいやら、おかしいやら、切ないやら、愛しいやら、たくさんの歌が詰まってます。

リリース情報
  • HOME
  • Music
  • 大竹しのぶの新AL『ち・ち・ち』作家陣に鬼龍院翔、松尾スズキ、佐藤良成ら

Special Feature

Habitable World──これからの「文化的な生活」

気候変動や環境破壊の進行によって、人間の暮らしや生態系が脅威に晒されているなか、これからの「文化的な生活」のあり方とはどういうものなのだろうか?
すでに行動している人々に学びながら、これからの暮らしを考える。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて