ニュース

永尾まりや、永井大らが標的 松坂桃李×沢尻エリカ『不能犯』dTVドラマ化

dTVオリジナルドラマ『不能犯』ティザービジュアル ©宮月新・神崎裕也/集英社 2018「不能犯」製作委員会 ©2017 dTV
dTVオリジナルドラマ『不能犯』ティザービジュアル ©宮月新・神崎裕也/集英社 2018「不能犯」製作委員会 ©2017 dTV

dTVオリジナルドラマ『不能犯』が12月22日からdTVで配信される。

同作は、宮月新原作、神崎裕也作画による同名漫画の実写版。2018年2月1日公開の映画『不能犯』と連動した連続ドラマとなる。依頼を受けて呪いや洗脳といった犯行の実証が不可能な手段で相手を殺害する「不能犯」宇相吹正と、彼を取り調べる刑事の多田らの姿を描く。監督は『ライチ☆光クラブ』『先生を流産させる会』などの内藤瑛亮、監修は映画版の監督・白石晃士が務めた。

宇相吹役に松坂桃李、宇相吹と対峙する刑事・多田役に沢尻エリカが映画版と同様にキャスティング。共演者には、宇相吹のターゲットになるOL役の永尾まりや、宝くじが当選したことで疑心暗鬼に陥ったサラリーマン役の永井大、出会い系サイトで少女を物色する教師役の平岡祐太に加えて、MEGUMI、萩原みのり、佐藤仁美、映画版にも登場する水上剣星らが名を連ねる。主題歌には映画版と同じくGLIM SPANKY“愚か者たち”を起用。

dTVオリジナルドラマ『不能犯』 ©宮月新・神崎裕也/集英社 2018「不能犯」製作委員会 ©2017 dTV
dTVオリジナルドラマ『不能犯』 ©宮月新・神崎裕也/集英社 2018「不能犯」製作委員会 ©2017 dTV
dTVオリジナルドラマ『不能犯』 ©宮月新・神崎裕也/集英社 2018「不能犯」製作委員会 ©2017 dTV
dTVオリジナルドラマ『不能犯』 ©宮月新・神崎裕也/集英社 2018「不能犯」製作委員会 ©2017 dTV
dTVオリジナルドラマ『不能犯』 ©宮月新・神崎裕也/集英社 2018「不能犯」製作委員会 ©2017 dTV
dTVオリジナルドラマ『不能犯』 ©宮月新・神崎裕也/集英社 2018「不能犯」製作委員会 ©2017 dTV
dTVオリジナルドラマ『不能犯』 ©宮月新・神崎裕也/集英社 2018「不能犯」製作委員会 ©2017 dTV
dTVオリジナルドラマ『不能犯』 ©宮月新・神崎裕也/集英社 2018「不能犯」製作委員会 ©2017 dTV
画像を拡大する(7枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

『悲しみに、こんにちは』予告編

映画『悲しみに、こんにちは』予告編。両親の死によって、都会から田舎の伯父伯母のもとに引き取られることになった少女・フリダ。スペイン・カタルーニャで過ごす彼女の、きらめくようなひと夏の様子が、新鋭監督による瑞々しい感性によって描かれています。映画批評サイト「ロッテン・トマト」100%Fresh獲得も納得の一作です。(久野)

  1. 『デザインあ展』が科学未来館で開催。体験型作品も多数の会場内をレポート 1

    『デザインあ展』が科学未来館で開催。体験型作品も多数の会場内をレポート

  2. 吉岡里帆主演『健康で文化的な最低限度の生活』 生活保護描く新ドラマ 2

    吉岡里帆主演『健康で文化的な最低限度の生活』 生活保護描く新ドラマ

  3. ドラマ『恋のツキ』に安藤政信&欅坂46・今泉佑唯が出演 恋物語をかき乱す 3

    ドラマ『恋のツキ』に安藤政信&欅坂46・今泉佑唯が出演 恋物語をかき乱す

  4. ケンドリック・ラマーの黒塗り広告が突如、霞ヶ関駅&国会議事堂前駅に出現 4

    ケンドリック・ラマーの黒塗り広告が突如、霞ヶ関駅&国会議事堂前駅に出現

  5. 夏帆「ドッキドキ」 TOWA TEI「SRATM」新曲“ダキタイム”PVに出演 5

    夏帆「ドッキドキ」 TOWA TEI「SRATM」新曲“ダキタイム”PVに出演

  6. SNSでイラストの支持を集めた雪下まゆが語る、作風への葛藤 6

    SNSでイラストの支持を集めた雪下まゆが語る、作風への葛藤

  7. アニメキャラ100の名言が新宿地下を占拠 『Netflix “アニ名言”ジャック』 7

    アニメキャラ100の名言が新宿地下を占拠 『Netflix “アニ名言”ジャック』

  8. 『華氏451度』『一九八四年』などSF作がTシャツに 早川書房×トーハン企画 8

    『華氏451度』『一九八四年』などSF作がTシャツに 早川書房×トーハン企画

  9. 細田守が語る、映画『未来のミライ』で描きたかった現代の家族像 9

    細田守が語る、映画『未来のミライ』で描きたかった現代の家族像