錦戸亮×松田龍平、市川実日子ら6人の元殺人犯 吉田大八『羊の木』予告編

映画『羊の木』の予告編とビジュアルが公開された。

山上たつひこ原作、いがらしみきお作画の同名漫画をもとにした同作は、過疎問題を抱える地方都市が仮釈放中の受刑者を受け入れる国家の極秘プロジェクトのもと、男女6人の受け入れを担当することになった市役所職員・月末が主人公。ある日、月末が彼ら全員が元殺人犯であることを知り、同時期に港で身元不明の変死体が発見される、というあらすじだ。監督は『桐島、部活やめるってよ』『紙の月』などの吉田大八。

オフィシャルサイトで公開されたビジュアルには、錦戸亮演じる月末の周りに北村一輝、優香、市川実日子、水澤紳吾、田中泯、松田龍平がそれぞれ演じる元殺人犯と、木村文乃演じる月末の同級生・文の姿が配置されている。

予告編では移住してきた6人の男女が新生活を始める様子や、松田龍平演じる宮腰一郎が月末に「僕がなんで捕まったか知ってます?」と尋ねるシーン、宮腰と交際を始めた文に「よく付き合えるな」と話す月末の姿、文が「月末!」と叫ぶ様子などが確認できる。

作品情報

『羊の木』

2018年2月3日(土)から全国公開
監督:吉田大八 脚本:香川まさひと 原作:山上たつひこ、いがらしみきお『羊の木』(講談社) 出演: 錦戸亮 木村文乃 北村一輝 優香 市川実日子 水澤紳吾 田中泯 松田龍平 配給:アスミック・エース
  • HOME
  • Movie,Drama
  • 錦戸亮×松田龍平、市川実日子ら6人の元殺人犯 吉田大八『羊の木』予告編

Special Feature

Habitable World──これからの「文化的な生活」

気候変動や環境破壊の進行によって、人間の暮らしや生態系が脅威に晒されているなか、これからの「文化的な生活」のあり方とはどういうものなのだろうか?
すでに行動している人々に学びながら、これからの暮らしを考える。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて