ニュース

『SWITCH』の「良い音」特集に世界のオーディオ機器集結 高橋幸宏らも登場

特集記事「良い音の鳴る場所 福山雅治」が、12月20日刊行の『SWITCH Vol.36 No.1』に掲載される。

福山雅治を巻頭表紙に迎えた同特集では、スマートフォンの普及やサブスクリプション型サービスの台頭、レコードやカセットテープといったアナログメディアへの回帰など、近年の「音楽を聴く」スタイルの多様化を背景に、「良い音」で音楽を聴くことの意義を考察。

「『良い音』の行方」と題した福山雅治のフォトストーリーとロングインタビューでは、自宅にオーディオ機器がなく、ヘッドホンで音楽を聴くことが主流だという福山がレコードを持参。ドイツのスピーカー「アヴァンギャルド」を用いた総額2,000万円の再生環境でレコードを試聴する。また自身の音楽の聴き方の変化や、新曲“トモエ学園”のレコーディングについても語る。

さらに高橋幸宏がアナログ盤の魅力をTechnicsの機材と共に解説するコーナーや、ピーター・バラカンが同一アルバムのアメリカ盤、イギリス盤、国内盤の音の違いを語る記事、高野寛がDENONのプリアンプを軸にしたシステムを聴いて語る理想的なリスニングスタイル、小林武史が語るハイレゾの音やソニーの音、映画監督の大友啓史がTEACの機器で思い出のアルバムを聴き、映画にとっての音楽を語る記事などを掲載。

朝吹真理子や堀江敏幸、若木信吾、大森克己といったクリエイターのプライベートオーディオ紹介、雑誌『Stereo Sound』編集部への取材記事、同特集の全出演者が紹介する「良い音で聴きたい1枚」も収められる。

『SWITCH』のオフィシャル通販サイトで同誌を予約すると、表紙のA2ポスターが入手できる。

『SWITCH Vol.36 No.1』』表紙
『SWITCH Vol.36 No.1』』表紙
画像を拡大する(1枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

岩井勇気(ハライチ)『ひねくれとか言われても俺はただ自分が進みたい道を選んでるだけ』

ドリームマッチでの『醤油の魔人 塩の魔人』、ラジオで突如披露した推しキャラケロッピをテーマにしたEDM調楽曲『ダメダメケロッピ』など、音楽的な才能に注目が集まる岩井勇気。今回はミツカン「こなべっち」とタッグを組み、自らがマイクを取ってラップに挑戦。しかもこの動画、岩井がこれまでラジオや書籍の中で言及してきた、珪藻土のバスマットや、海苔、メゾネットタイプの部屋、クラウス・ノミなどのネタが詰まっていて、まさか岩井さんの自宅なのでは……? と隅々まで見てしまう。つぎはぜひ、自作のトラックとリリックによる曲が披露されることを待っています。(川浦)

  1. 荘子itが執筆 『スパイの妻』の「軽さ」が持つ倫理的な意味とは 1

    荘子itが執筆 『スパイの妻』の「軽さ」が持つ倫理的な意味とは

  2. あがた森魚が引退を発表、渋谷CLUB QUATTROで100人限定ワンマンライブ開催 2

    あがた森魚が引退を発表、渋谷CLUB QUATTROで100人限定ワンマンライブ開催

  3. 曽我部恵一と語る、個に還れない時代のリアル 人はなぜ踊るのか? 3

    曽我部恵一と語る、個に還れない時代のリアル 人はなぜ踊るのか?

  4. 山崎賢人&土屋太鳳W主演 Netflix『今際の国のアリス』場面写真公開 4

    山崎賢人&土屋太鳳W主演 Netflix『今際の国のアリス』場面写真公開

  5. 『ハリー・ポッターと賢者の石』初の3D上映が全国の4D劇場82館で実施 5

    『ハリー・ポッターと賢者の石』初の3D上映が全国の4D劇場82館で実施

  6. 星野源、長谷川博己、新田真剣佑、橋本環奈、浜辺美波が先生役 ドコモ新CM 6

    星野源、長谷川博己、新田真剣佑、橋本環奈、浜辺美波が先生役 ドコモ新CM

  7. のん×橋本愛が7年ぶり共演『私をくいとめて』予告編&ビジュアル公開 7

    のん×橋本愛が7年ぶり共演『私をくいとめて』予告編&ビジュアル公開

  8. 表層的なのは嫌。市川渚が重んじる本質と、こだわり抜かれた生活 8

    表層的なのは嫌。市川渚が重んじる本質と、こだわり抜かれた生活

  9. シム・ウンギョンが日本映画に挑戦したわけ。韓国人気女優の素顔 9

    シム・ウンギョンが日本映画に挑戦したわけ。韓国人気女優の素顔

  10. 『アングスト/不安』の怖さ。殺人が論理的答えとして導き出される 10

    『アングスト/不安』の怖さ。殺人が論理的答えとして導き出される