ニュース

『SWITCH』の「良い音」特集に世界のオーディオ機器集結 高橋幸宏らも登場

特集記事「良い音の鳴る場所 福山雅治」が、12月20日刊行の『SWITCH Vol.36 No.1』に掲載される。

福山雅治を巻頭表紙に迎えた同特集では、スマートフォンの普及やサブスクリプション型サービスの台頭、レコードやカセットテープといったアナログメディアへの回帰など、近年の「音楽を聴く」スタイルの多様化を背景に、「良い音」で音楽を聴くことの意義を考察。

「『良い音』の行方」と題した福山雅治のフォトストーリーとロングインタビューでは、自宅にオーディオ機器がなく、ヘッドホンで音楽を聴くことが主流だという福山がレコードを持参。ドイツのスピーカー「アヴァンギャルド」を用いた総額2,000万円の再生環境でレコードを試聴する。また自身の音楽の聴き方の変化や、新曲“トモエ学園”のレコーディングについても語る。

さらに高橋幸宏がアナログ盤の魅力をTechnicsの機材と共に解説するコーナーや、ピーター・バラカンが同一アルバムのアメリカ盤、イギリス盤、国内盤の音の違いを語る記事、高野寛がDENONのプリアンプを軸にしたシステムを聴いて語る理想的なリスニングスタイル、小林武史が語るハイレゾの音やソニーの音、映画監督の大友啓史がTEACの機器で思い出のアルバムを聴き、映画にとっての音楽を語る記事などを掲載。

朝吹真理子や堀江敏幸、若木信吾、大森克己といったクリエイターのプライベートオーディオ紹介、雑誌『Stereo Sound』編集部への取材記事、同特集の全出演者が紹介する「良い音で聴きたい1枚」も収められる。

『SWITCH』のオフィシャル通販サイトで同誌を予約すると、表紙のA2ポスターが入手できる。

『SWITCH Vol.36 No.1』』表紙
『SWITCH Vol.36 No.1』』表紙
画像を拡大する(1枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

あらかじめ決められた恋人たちへ“日々feat.アフロ”

何かを我慢することに慣れすぎて忘れてしまいそうになっている「感情」を、たった10分でこじ開けてしまう魔法のようなミュージックビデオ。現在地を確かめながらも、徐々に感情を回転させていくアフロの言葉とあら恋の音。人を傷つけるのではなく、慈しみ輝かせるためのエモーションが天井知らずの勢いで駆け上がっていった先に待ち構えている景色が、普段とは違ったものに見える。これが芸術の力だと言わんばかりに、潔く堂々と振り切っていて気持ちがいい。柴田剛監督のもと、タイコウクニヨシの写真と佐伯龍蔵の映像にも注目。(柏井)

  1. cero高城晶平×折坂悠太 10年代のインディ音楽の萌芽と開花の記録 1

    cero高城晶平×折坂悠太 10年代のインディ音楽の萌芽と開花の記録

  2. 『鬼滅の刃』オリジナルアイテム第4弾 全13キャラクターのアウター&傘 2

    『鬼滅の刃』オリジナルアイテム第4弾 全13キャラクターのアウター&傘

  3. 広告に冷めた時代のアプローチ。Hondaは「フラット」を提示する 3

    広告に冷めた時代のアプローチ。Hondaは「フラット」を提示する

  4. 大滝詠一『A LONG VACATION』40周年記念盤がオリコンデイリー1位獲得 4

    大滝詠一『A LONG VACATION』40周年記念盤がオリコンデイリー1位獲得

  5. 『ノマドランド』が映すアメリカの姿。過酷な状況とノマドの精神 5

    『ノマドランド』が映すアメリカの姿。過酷な状況とノマドの精神

  6. 『森、道、市場』第1弾でアジカン、cero、折坂悠太、カネコアヤノら 6

    『森、道、市場』第1弾でアジカン、cero、折坂悠太、カネコアヤノら

  7. 中国Z世代を虜にする漢服ブーム。愛好者やデザイナーが語る 7

    中国Z世代を虜にする漢服ブーム。愛好者やデザイナーが語る

  8. 『そして、バトンは渡された』映画化 永野芽郁、田中圭、石原さとみ共演 8

    『そして、バトンは渡された』映画化 永野芽郁、田中圭、石原さとみ共演

  9. 松坂桃李、菅田将暉、賀来賢人が共演 花王「アタックZERO」新CM放送 9

    松坂桃李、菅田将暉、賀来賢人が共演 花王「アタックZERO」新CM放送

  10. GU×UNDERCOVERが初コラボ キーワードは「FREEDOM/NOISE」 10

    GU×UNDERCOVERが初コラボ キーワードは「FREEDOM/NOISE」