椎名林檎、MIKIKO、山崎貴ら8人が東京五輪の開閉会式プランニングチームに

『東京2020オリンピック・パラリンピック』の開会式および閉会式の基本プランを作成する「4式典総合プランニングチーム」のメンバーが発表された。

プランニングチームに選出されたのは椎名林檎、野村萬斎、映画監督の山崎貴、振付家のMIKIKO、映画プロデューサー・小説家の川村元気、クリエイティブ ディレクターの栗栖良依、佐々木宏、菅野薫の8人。椎名林檎、MIKIKO、佐々木宏、菅野薫らはリオオリンピック閉会式の「フラッグハンドオーバーセレモニー」の演出にも参加している。

2020年の『東京オリンピック・パラリンピック』では、オリンピック開会式・閉会式、パラリンピック開会式・閉会式の4つの式典を起承転結の4部作と位置づける方針を策定。全体コンセプトには「平和」「共生」「復興」「未来」「日本・東京」「アスリート」「参画」「ワクワク感・ドキドキ感」というキーワードが挙げられている。

総合プランニングチームの人選は、映像とストーリーを統合できる人材、日本や東京の伝統を演出できる人材、共生・パラリンピックを表現できる人材、リオオリンピックのハンドオーバーセレモニーチームの知見の活用といった観点で進められたという。彼らは4式典全体で発信するメッセージ・ストーリーと、各式典で展開するメッセージについて検討し、2018年夏頃を目途に基本プランをとりまとめる。その後、各式典の監督が選任される予定。監督は有識者懇談会および理事会での審議を経て決定される。

  • HOME
  • Music
  • 椎名林檎、MIKIKO、山崎貴ら8人が東京五輪の開閉会式プランニングチームに

Special Feature

Habitable World──これからの「文化的な生活」

気候変動や環境破壊の進行によって、人間の暮らしや生態系が脅威に晒されているなか、これからの「文化的な生活」のあり方とはどういうものなのだろうか?
すでに行動している人々に学びながら、これからの暮らしを考える。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて